新着記事「警察官 大変だった仕事ベスト5」

【元警察官が解説】警察学校ってどれくらい厳しいの?

警察学校って厳しいっていう噂しか聞かないけど、実際どうなの?

私のTwitter(@fujita_yuki_pm)のDMでもよく頂く質問ですね。

警察学校という言葉を聞くと、一度経験したものなら誰もが「あんな生活には戻りたくない」とついつい本音が出てしまうところです。

それは自由の利かない生活厳しい訓練なにをやっても怒鳴る教官…

数えだしたらキリがありませんが、辛い思い出の方が圧倒的に多いです。

そんなところ、できれば行きたくないんですが…

そう思う気持ちも十分わかりますが、残念ながら警察官として採用された者は必ず警察学校に入校しなければいけません。

 

警察学校とは?

警察官採用試験に合格した者が必ず入校する訓練所のような学校。

警察学校に入校する者は「初任科生」と呼ばれ、大卒なら6か月、高卒なら10か月入校しなければいけない。現場に出るためにはこの警察学校を卒業しなければならず、全寮制の中で日々厳しい訓練や授業を受けて一人前の警察官を目指していく。

 

警察学校については表向きな情報しか発信されていないため、事前に警察学校について深く知ることはなかなかできません。

そこで、今回は「警察学校はどんなところなのか?」をテーマに実際の警察学校はどんなところなのか?どれくらい厳しいのか?について紹介します。

この記事では警察学校経験者の元警察官がわかりやすく警察学校について解説していきます。

 

警察学校ではとにかく怒られる

警察学校ではとにかく怒られる

警察学校の思い出として一番に思い浮かぶことが「教官から怒られたこと」です。

警察学校ではとにかく教官から怒られます。

「なんでそんなに怒るの?」と驚くくらい怒られます。

「今までの人生でこれほどまで怒られたことはない」と思えるほど怒られますので、まずは怒られることに慣れなければいけません。

ときにはとんでもなく理不尽なことで怒鳴られることもあります。(もちろん反抗的な態度を示すことはできない

よって、いちいち怒られることを気にしていては身体がもたないので、そんなことにも動じない精神力忍耐力が必要になります。

 

警察学校で教官から怒られる理由

実は警察学校の教官はわざと怒っていることが多い。それは現場に出れば市民から心ない言葉を浴びることがあるし、警察署では厳しい上下関係に耐えなければいけないからである。

警察官の仕事は現場に出てからの方が圧倒的に大変なため、警察学校では強い精神力を鍛える必要がある。

 

ですので、「理不尽に怒られることは嫌だ」という方には絶対に耐えられません。

早い人であれば入校初日に退職してしまいます。(実際に私の同期でも初日に退職した者がいました)

感覚が麻痺するくらい怒られますので、警察学校では1つ1つ怒られることを気にしていられません。

警察官というのは警察学校だけでなく、警察署に赴任してからも先輩や上司から怒られる機会が多々あります。

さらに職場以外でも市民から罵声を浴びせられる場面もあるので、「それくらい平気だ」と思える人でなければ続かない仕事です。

警察学校で慣れておいて損はないでしょう。

 

残念なことに警察官のことが嫌いな人はこの世の中にたくさん存在します。

これは現場に出て働けばすぐにわかることですが、そういった人たちは容赦なく警察官のことを責めてきますし、キツい言葉を浴びせてきます。

ですが、その度に警察官が怯えているわけにはいきません。

つまり、そのようなことをいちいち気にしているようではとても警察官として仕事は続けられないということです。

警察学校が厳しいからこそ、そういったことにも耐えられ、強い精神力が身に付いて毅然とした対応ができるのです。

 

警察学校教官は優しい?

教官のほとんどは優しい人ばかりで、中には怒ることが苦手という人もいるくらいである。教官という仕事のため、わざと心を鬼にして怒っている人が多い。

怒る方も多大なストレスがかかることは事実であり、そういったことも含めて警察学校の教官は大変な仕事である。

 

警察学校が厳しいと言われる理由はやはり教官の厳しさが一番大きいと思いますが、警察学校卒業後は教官よりも厳しい人たちが待っていることを忘れないようにしてください。

特に警察学校卒業後は上司と24時間付きっきりでの勤務となりますので、上司といい関係を築くことがなによりも大事になってきます。

上司に好かれるためのテクニックについては下記の記事で詳しく解説しています。

 

 

警察学校では自由のない生活に耐える

警察学校では自由のない生活に耐える

教官から怒られることについてはすぐに慣れます。

怒られるのが日常ですので、しばらくすると怒られてもなんとも思わなくなります。

次に警察学校が厳しいと感じる理由については長期間「自由のない生活」をしなければいけないところです。

最初に説明した通り、警察学校は全寮制となりますので、どれだけ近所に住んでいても自宅から通うことはできませんし、気軽に家に帰ることもできません。

入校時に生活用品などの荷物をまとめて持ち込み、6か月(大卒)または10か月(高卒)の間は警察学校で生活することになります。

 

寮は地域によって異なる

警察学校の寮は各都道府県警察によって規模や設備が異なり、ルールについても違いがある。

新築したばかりの警察学校であれば綺麗で個室も完備されているし、古い建物であれば大部屋しかない場合もある。

 

警察学校の寮は基本的に大部屋+個室となっています。(地域によっては大部屋しかないところもあるそうです)

大部屋は5~6人ほどの学習机が置かれており、個室にはベッドやクローゼットが設置されており、寝るときは一人になれるようになっています。

私が入校していた警察学校も当時新築されたところでしたので、大部屋+個室という形になっていました。

警察学校では常にクラス単位で行動するため、1人になれる時間は個室で寝るときくらいでした

そのため、ほとんどの時間が周りには常に誰かがいるという生活になります。

自分勝手な行動はできませんし、協調性を持って一緒に生活する同期とうまくやっていかなければいけません。

なかなかプライバシーもありませんが、そういった意味での不自由な生活にも慣れていく必要があります。

 

警察学校の規則

警察学校の規則は各都道府県によって異なる。

地域によっては平日は携帯電話を没収されているところもあり、そういったところでは平日は携帯電話のない生活にも耐えなければいけない。また平日は外出することもできないため、月曜から金曜は警察学校に缶詰状態となる。

 

私が入校した警察学校は

  • 平日は携帯電話が没収される
  • 携帯電話は金曜の夜から使える
  • 平日は外出もできない
  • 帰宅できるのは週末のみ

という規則の警察学校でした。

今どきの若い世代にとっては信じられない生活かもしれませんが、警察学校に入校すれば6か月もしくは10か月はそんな生活に耐えなければいけません。

携帯電話については金曜の夜には一旦戻ってくるのですが、携帯電話が恋しくなる経験はなかなかないと思います。

また、警察学校に入校して最初の1か月は外出することも一切できません。

これは指導強化期間と呼ばれるもので、この間は携帯電話が戻ってくることは一度もないですし、警察学校の敷地外に出る機会も一度もありません。

週末に自宅に帰れるようになるのはこの指導強化期間が終わってからの話です。

 

携帯電話の存在を忘れるほど忙しい

警察学校は予定がびっしり決められており、分単位で行動しなければならないため、携帯電話がなくても1日が過ぎるのは早い。

また、休日には大量の課題が出されることもあるので、警察学校に入校しているうちは休日でもゆっくりできない。

 

このように警察学校では教官が厳しいだけでなく、自由を制限された生活にも耐えなければいけないのです。

警察学校が厳しいと言われる理由はこういった生活も大きいでしょう。

警察学校に入校すればいきなりこんな生活に耐えていかなければいけません。

 

 

個人プレーは許されない集団生活

警察学校では個人プレーが許されない

警察学校で生活していく上で重要になってくるのが同期とうまくやっていくということです。

警察学校はすべてが集団行動となるため、個人の考えで勝手に動くことはできませんし、1人で自由に行動することもできません。

警察学校では寝るとき以外、常に同期(クラス員)と行動をともにします。

(地域によっては寝る時も大部屋で一緒に寝るところもあります)

集団生活は授業や訓練だけでなく、食事のときもお風呂のときも続きますので、慣れるまでは気が休まらないかもしれません。

 

個人行動は許されない

個人プレーが絶対に許されないため、周りとうまくやっていく協調性がとても大事になる。

周りと自分の考えが合わない場合でも折り合いをつけてやっていかなければいけないし、クラスで決まったことには従わなければいけない。

 

警察学校ではなにより協調性が大事になります。

協調性に欠けてしまうと同期から干される原因となってしまい、自分自身の首を絞めることになってしまいます。

クラスで決められたことには従わなければいけませんし、「俺はそんなことやりたくないよ」というのが通用しません。

私はサラリーマンの経験がありましたので、同期とはうまくやって楽しく過ごしていましたが、自分勝手な行動をする同期は干されていました。

自分勝手な者がどのような扱いをされるかというと

  • 同期から厳しく当たられる
  • 少しの失敗でも同期から叱責される
  • 教官だけでなく同期からも追い込まれるようになる

という感じでした。

これに加えて、その事情を知っている教官からもより怒られるようになるので、とても苦しい生活になります。

そのため、警察学校で同期から嫌われることは致命的なダメージとなってしまいます。

 

同期とは助け合い

警察学校で出会う同期はかけがえのない存在で、ときには同期と助け合う場面もあるため、干されてしまうと本当に生活がしづらくなる。警察学校を卒業してからも協調性は大事になるため、警察学校で慣れておく必要がある。

 

1つ誤解して欲しくないことは、これは決していじめではないということです。

集団行動では全員が同じ方向を向いていかなければいけません。

誰か一人でも自分勝手な行動をすれば、その集団が全滅してしまう恐れがあります。

そのため、厳しいようですが規律を守れない人間は排除しようという考えに至るのです。

一般の感覚だと「警察学校でいじめ?」と思われる部分もあるでしょう。

確かに「みんなで仲良く卒業すること」ができれば一番いいかもしれませんが、警察学校は一般の学校とは違います。

給料も発生していますし、あくまで一人前の警察官としての知識や考え方を身に付けるところですので、みんなで仲良くする必要はないのです。

 

もちろん普通に生活している分には同期と仲が悪くなることはありませんので、協調性をもって生活をしていれば問題ありません。

このような生活はほとんどの人が経験がないと思うので、慣れるまではとても苦労することだと思いますが、警察官として必要なことですので受け入れるようにしましょう。

警察官の仕事はとにかくチームプレーの仕事ですので、警察学校を卒業してからも必要な考えになります。

 

 

警察学校では体力も欠かせない

警察学校では体力も必要
警察学校ってたくさん走らされるんですよね?ついていく自信がないんですが…

警察学校で体力は欠かせないものですが、体力については自信がなくても大丈夫です。

警察学校ではたくさん走らされますので、自然と体力はつきますし、体力不足で警察学校を辞める人はいません。

走ること以外にもあらゆる場面で筋力トレーニングを行いますが、これも慣れていきます。

ただし、慣れるだけでなく、体力や筋力はしっかりと向上させることが大事です。

なぜなら警察官は体力勝負の仕事ですので、それくらいの体力がないと現場に出たときにやっていけないからです。

現場に出れば休憩したいときに休憩できませんし、どれだけ空腹でもどれだけ眠くても極限状態の中で力を発揮しなければいけません。

そのため、体力は警察学校に入ってから強化すれば十分ですが、先を見据えてしっかり強化するようにしてください。

 

怪我に注意

警察学校では走る機会が非常に多いため、入校するまでに体を慣らしておく必要がある。事前準備をしてかないと入校早々に怪我をする危険性があり、出遅れる原因になる。

 

警察学校に入校する前に走り込みは怠らないようにしてください。

体力をつけるのはもちろんですが、体を動かすことに慣れておくことが非常に重要です。

普段まったく運動していない人が警察学校に入校してからいきなり激しい運動をするとすぐに怪我をします。

特に足首や膝の怪我をする人が多いので、走ることにはしっかり慣れておいた方がいいでしょう。

事前準備をしっかりしておけば走ることにも慣れていき、次第に体力もついていきますし、特に体力面で困ることはありません。

女性でも男性とまったく同じメニューをこなしますが、必要以上に心配はいりません。

私の教官はとにかく厳しい方だったので、本当に毎日のように吐く寸前まで追い込まれました。

それでもその厳しさのおかげで確実に体力は向上しましたし、その厳しさを乗り越えた達成感も味わうことができました。

これは間違いなく警察官を辞めた今でも財産になっていることです。

 

 

警察学校をなんとか卒業した同期の末路…

警察学校をなんとか卒業した同期の末路…

警察学校は慣れてしまえば警察官としてはとても楽な生活です。

なぜなら警察学校では決められたカリキュラムをこなすだけだからです。

決まった時間に食事がとれて、決まった時間に寝ることができる。

授業も時間が経てば終わるし、午後5時半になれば日課時限も終わる。

入校当初は慣れない生活で大変でしょうが、慣れてこればとても楽になります。

なにが起きるかわからない現場で働く方がよっぽど大変なことは間違いありません。

警察学校が厳しいのは確かですが、卒業後の方がはるかに大変であることは忘れないでください。

警察学校を卒業することだけを目標にしていると、卒業後に痛い目を見ます。

 

警察学校が現場よりも楽な理由
  1. 時間通りに行動し、休憩時間もしっかりとることができる
  2. 規則正しい生活で、夜にはしっかり寝ることもできる
  3. 三食しっかり食べることができる
  4. 命の危険を感じる場面がない

 

そのため、警察学校に慣れたからと言ってすぐに現場で活躍することはできません。

警察学校を卒業したら一人前の警察官になれるわけではないので、卒業が近付いたら現場での勤務をイメージするようにしましょう。

1つ事例を紹介しておきます。

私の同期で警察学校を卒業することを目標にしている者がいました。

この同期は自分勝手な行動をすることが多く、ときにはケガをしたフリをして訓練を休むなどしていました。

当然ほかの同期からは良いように思われておらず、多くの同期が「こいつはすぐ辞めるだろう」と思っていましたが、なんとか警察学校を卒業していきました。

しかし、配属された警察署でも仮病を使って休むなどしており、警察学校を卒業してからわずか3か月で退職する結果となりました。

「なんとか警察学校だけは卒業するぞ」と思っていると、卒業してから非常に困ることになります。

あくまで警察学校は通過点であることを覚えておいてください。

警察学校を卒業する目的は現場で働けるようになるためです。

 

 

まとめ

警察学校を卒業して現場で働いていると、警察学校に戻りたいとは思いませんが、「警察学校の方が楽だった」と確実に思えます。

しかし、もちろん入校当初はそんな余裕もなく、教官や同期についていくのに精一杯でした。

私は元サラリーマンという立場で警察官になりましたが、警察学校では様々なカルチャーショックを受け、驚くことも多かったです。

入校当初は怒られる度にビクビクしていましたし、訓練を受けるのも本当に憂鬱でした。

 

それでも警察学校を卒業するころには精神力も忍耐力も強くなっています。

体力だって入校当初とは比べものにならない程ついています。

これは必ずその後の警察人生で生きていくものですし、警察官として必要なことでもあります。

「警察学校が楽だった」と思える日はしばらく先になりますが、厳しい訓練を乗り越えた先には何事にも代えがたい達成感を味わうことができます。

私は警察官を退職してしまいましたが、これから警察官になる方は是非立派な警察官になって日本の治安を守ってください。

有事の際には警察官が最後の砦です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です