新着記事「警察官 大変だった仕事ベスト5」

あれば助かる!警察学校での便利グッズリスト

警察学校って色々と生活用品を持ち込むけど、あったら便利なものってありますか?

警察学校では入校すれば6か月もしくは10か月を過ごすことになるので、生活に必要な物は個人で用意する必要があります。

あらかじめ指定された持ち物も準備が必要なのですが、指定された持ち物以外にも生活に必要なものを持ち込むことができます。

まず大前提として、警察学校から指定された持ち物は絶対に忘れないようにしてください。

警察学校では様々な手続きが必要になり、それに伴って年金手帳や転出証明書などの重要な書類を持参しなければいけません。(必要な書類は各都道府県によって異なるかもしれませんので、参考としてください)

ちなみに生活に必要な家電(冷蔵庫や電子レンジなど)は警察学校の寮に設置されていますので、持ち込む必要はありません。

 

警察学校で必要になる重要書類
  • 転出証明書

住民票の住所を自宅から警察学校の住所に移すので、事前に転出の届出を行い転出証明書を持参する。転入の手続きは警察学校の担当者に委任する形となる。

  • 年金手帳

警察学校に入校すると身分は警察官(公務員)となるため、年金の手続きも行う。

  • 税金関係の証明書

警察学校に入校すると給料が発生するため、これまでの課税証明書や源泉徴収票など税金関係の確認ができる書類が必要になる。

  • 学歴の証明書

最終学歴となる高校や大学の卒業を証明するための卒業証明書が必要になる。

 

警察学校では「忘れ物をしたので家に取りに帰ります」ということが簡単にできません。

特に入校当初は缶詰状態となるため、重要な書類を忘れた場合は大変なことになります。

当然教官からは激怒されるため、いきなり痛い目を見ます。

ですので、まずは指定されたものを絶対に忘れないようにしてください。(それでも必ずと言っていいほど大事な書類を忘れる人がいるのが現実です)

 

そして、この他にも警察学校で生活していく上で必要になる生活用品を持ち込むことになります。

警察学校では分単位の行動となるため、時間を節約できる時短グッズを持ち込むと生活がグッと楽になります。

私自身も後から警察学校生活を振り返り、「あれを最初から持ち込めばよかった…」と後悔しているものもあります

そのため、この記事では警察学校での生活を経験した元警察官があれば便利な「警察学校での便利グッズ」について紹介していきます。

各都道府県によって持ち込めるものは異なるかもしれませんが、これから警察学校に入校する方は1つ参考としてください。

 

持ち込む荷物はできるだけコンパクトに

警察学校に持ち込む荷物はコンパクトに

まず、原則として知っておいて欲しいのは警察学校に持ち込む荷物はできるだけコンパクトにするということです。

持ち物リストに書いてあるものは絶対に持っていかなければいけませんが、生活用品を大量に持ち込む必要はありません。

例えば、洗濯洗剤やお風呂セットなどは大容量のものを持っていけば無くなる心配はありませんが、結局は置き場所に困ります。

警察学校の寮では限られたスペースに整理整頓して持ち物を保管しなければいけないので、はっきり言って大きなものは邪魔になります。

整理整頓ができていないと寮チェックを受けたときにかなり怒られますので、荷物が多すぎると逆に大変になってしまいます。

 

しばらくは外出できないが…

入校して最初の約1か月は外出することはできないが、それ以降は週末であれば外出や実家に帰ることができるようになる。(都道府県による)

洗剤などの消耗品はその都度補充する形でも十分なので、必要以上に持ち込むと逆に邪魔になってしまうことは覚えておこう。

 

入校してすぐに荷物を整理する時間が与えられますが、その時間も十分与えられるわけではないので、荷物をコンパクトにまとめておけば慌てて整理する必要もなくなります。

また、せっかく用意した荷物でもどこになにがあるかわからないと困るので、取り出すときにわかるようにまとめておきましょう。

 

 

あれば助かる警察学校の便利グッズ①

警察学校の便利グッズ

まず、最初にどうしても消耗してしまう衣類関係の便利グッズについて、私の経験をもとに紹介していきます。

紹介する衣類関係の便利グッズは警察学校だけでなく、現場に出てからも十分使える便利グッズですので是非参考にしてください。

また、衣類関係のものはどうしても消耗してしまいますので、定期的に買い替えるものだということを覚えておいてください。

 

靴下

警察学校で最も消費するものは、ずばり靴下です。

私がいた警察学校では

  • 制服を着ているときは黒色の靴下
  • ジャージを着て運動するときは白色の靴下

という決まりがありました。

ですので、予備も含めて黒色と白色の一般的な靴下を5足ずつ持っていきましたが、これが少し失敗でした。

5足ずつあれば十分だと思っていたのですが、警察学校では走る機会が多いため、靴下は消耗が激しくすぐに穴が開いてしまうのです。

そのため、靴下が破れる度に追加購入をする羽目になりました。

 

入校当初は特に訓練が厳しい

入校して間もないときは特に訓練が厳しいため、それだけ靴下の消耗も早くなってしまう。

また、走ることに関してはほぼ毎日行うため、靴下は最もダメージを受けやすい。

 

穴が開いた靴下を履き続けることは不可能ではありませんが、やはり社会人のマナーとしてはNGですし、教官に見つかれば当然お叱りを受けることになります。

そこでオススメなのは耐久性が強化された破れにくい靴下を買うことです。

耐久性の強化された靴下は一般的な靴下よりも丈夫な作りになっているので、これを使うようになってから破れることは少なくなりました。

若干値段は高くなりますが、購入頻度が少なくなるので長い目で見れば正解でした。

結局、耐久性の強化された靴下でも激しい運動を続けていればいつか破れてしまいますので、いかに買い直す回数を少なくするかが重要なのです。

 

爪切りも忘れずに

合わせて足の爪を定期的に切っておくことが大事で、爪が長いと靴下の耐久性に影響する。清潔感を保つという意味でも爪を切ることは大切になる。

 

靴下を買うときの注意点として、五本指タイプはあまりおすすめしません。

五本指タイプは歩きやすく疲労も溜まりにくい効果があるかもしれませんが、履くのにやや時間がかかってしまいます。

警察学校では1分2分を争って着替えるときもありますので、通常タイプの靴下の方が無難と言えます。

それと基本的には真っ黒や真っ白の靴下を履くことになるので、柄入りのものは避けるようにしてください。

 

 

インナーシャツ

制服のカッターシャツの下に着るインナーシャツはとても重要な衣類になります。

夏であれば通気性があってメッシュ素材のものがいいですし、冬であれば風を通しにくい素材のものが断然おすすめです。

警察学校では当番制で学校勤務というものがあり、炎天下でも雨の日でも学校の周辺や学校内をパトロールしなければいけません。

もちろんパトカーに乗れるわけではないので、夏ならば歩き回って暑いですし、冬ならばとにかく寒いです。

なので、インナーシャツは機能性を重視することがとにかく大事です。

 

警察官は必ず制服を着る

警察官の仕事において、地域課で勤務する場合は必ず制服を着なければいけない。夏服であればノーネクタイになるが、それでも制服の下にはインナーシャツを着ることになる。

仕事中はすぐに着替えることができず、必ずシャワーが浴びれるわけではないので、インナーシャツに機能性を求めることはとても大事。

 

もうここで正解を言ってしまいますが、インナーシャツはユニクロ一択です。

夏ならエアリズム、冬ならヒートテックを着ていれば間違いありません。(冬はヒートテックのタイツも重宝します)

エアリズムは汗をかいても全然ベタつかないですし、ヒートテックは冬でも動けば暑くなるくらいです。

私の周りでも90%以上の警察官がユニクロでインナーシャツを買っていましたし、私自身もユニクロの商品には大変お世話になりました。

これは警察学校に限らず、現場に出てからも一緒です。

よって、インナーシャツはユニクロで買っておけばまず問題ないです。

 

ステテコを履くのが一般的

余談だが、現場で働く警察官はステテコを履いている人が多い。その理由としては仮眠時間にステテコのまま布団に入ることができる、起きてからすぐに着替えることができる(パジャマから着替える必要がない)という理由。

普通の下着でも大きな違いはないが、現場で働く警察官はステテコが多数派である。

 

インナーシャツを買うときの注意点として、基本はⅤネックを買うようにしましょう。

警察官の夏の制服は丸首だとインナーシャツが見えてしまいますので、Ⅴネックを買っておけば問題ありません。

なお、インナーシャツの色は初任科生なら白色が原則だと思います。

私は現場に出てある程度年数を重ねてからは黒色のインナーシャツを着ていました。(汚れても目立たないため)

 

 

あれば助かる警察学校の便利グッズ②

警察学校の便利グッズ

続いて生活用品の便利グッズを紹介していきます。

警察学校では短くても6か月、長ければ10か月を過ごすことになるので、便利グッズがあればそれだけ生活も楽になります。

とにかく時間に追われることになると思いますので、時間を節約できるアイテムがあると便利です。

 

腕時計

持ち物リストには書かれていると思いますが、腕時計は警察官として必須アイテムです。

それは現場で働いているならば逮捕するときなど正確な時間を確認しなければいけませんし、取締りをするときでも同じです。

警察官はとにかく時間を気にする必要があるので、腕時計をしていないと仕事ができないほどです。

警察学校でも分単位での行動となるため、常に腕時計をして時間を気にしていなければいけません。

 

腕時計をする癖を付ける

警察学校では必ず腕時計を着用していなければいけないので、腕時計をする癖がない人はついつい部屋に忘れてしまいがちになる。

警察官として仕事をする上でも腕時計は必須になるので、警察学校入校までに腕時計をする癖を付けておくといい。

 

そして、腕時計を選ぶならデジタル式の方が良いと思います。

その理由として、まず時間を読み間違えることがありませんし、現場によっては「2分間を計る」という場面もありますので、デジタル式の方が見やすいです。

たまにアナログ式の腕時計を使っている警察官はいますが、正確に「○時○分」というのが瞬時にわかりにくいデメリットがあります。

逮捕する時間などは間違いがあってはいけないので、デジタル式の方が無難です。

腕時計に関しても正解を言ってしまうと、デジタル式のG-SHOCKで間違いありません。

私も愛用していましたし、体感でいうと7割くらいの警察官がG-SHOCKだったと思います。

 

G-SHOCKも特別高額なものを買う必要はなく、1万円以下のもので十分です。

耐水性、ストップウォッチ機能、バックライト機能くらいがあれば困りません。

私が愛用していたものも1万円以下でした。

腕時計を買うときの注意点として、できれば黒色のものを選んだ方がいいです。

青色や赤色の腕時計をしている若手警察官は何人かいましたが、厳しい上司だと「そんな派手なものつけるな」と言われてしまいます。

せっかく買った腕時計が使えなくなってしまってはもったいないので、地味な色のものを選ぶのが無難です。

 

 

電気シェーバー(男性)

警察学校では男性は毎朝必ずひげ剃りをしなければいけません。

少しでも剃り残しがあろうものなら教官からターゲットにされて怒られます。

ひげの剃り忘れは度々やってしまうことなので、特にひげが濃い男性は要注意です。

ところが警察学校の朝は大変忙しく、ひげ剃りに時間を使っている余裕はありません。

カミソリを使って剃るのも問題ありませんが、やはり時間短縮を考えるなら電気シェーバーが欲しいところです。

電気シェーバーなら最悪、鏡の前に立たなくてもひげを剃ることができます。(マナー的には微妙ですが)

 

朝は身支度だけではない

警察学校の朝はとても忙しいが、その理由としては身支度をするだけではないところにある。

朝は教官室へ行って教官へ報告をしたり、クラスの課題を集めたりすることもあるので、身支度以外にも時間がかかることを計算しておく必要がある。

 

電気シェーバーも特別高いものを買う必要はなく、安全にひげが剃れるものなら問題ありません。(1万円以下で十分)

電気シェーバーは警察学校卒業後も必ず使用するため、有名メーカーのものを買っておけば間違いないと思います。

 

吸水タオル(スイムタオル)

警察学校で入浴するときにあれば助かるのが吸水タオル(スイムタオル)です。

特に入校当初は入浴の時間がとても短く設定されているため、風呂上がりにゆっくり体を拭いている余裕さえありません。

また、警察学校の浴場は他のクラスも同時に使うため混雑しやすく、素早い行動が求められます。

そんなときでも水泳選手が使うような吸水タオルがあればサッと体を拭くことができますし、体を拭いた後でもタオルを絞るだけなので乾かすのに手間がかかりません。

私は普通のバスタオルを使っていましたが、バスタオルは干すのに場所をとりますし、乾かすのにも時間がかかるのが手間でした。

同期が吸水タオルを使っているのを見て「なるほど」と思いました。


こちらのスイムタオルの大サイズがおすすめです。

普通のバスタオルも何枚か持っていき、併用する使い方がいいでしょう。

その理由としては警察学校では洗濯機を使って洗濯をすることができるのですが、時間のないときや天気が悪いときなど洗濯ができない日もあるからです。

そうなるとバスタオルは乾かすのに困るし場所をとりますので、吸水タオルであれば絞るだけでまたすぐに使えるというメリットがあります。

すごく使い勝手がいいので、忙しい警察学校では本当におすすめの便利グッズです。

 

 

常備薬

警察学校では体調管理に気を付けなければいけませんし、少し体調が悪いくらいなら薬を飲んで乗り切らなければいけません。

もちろん無理をすることは禁物で休むときは休まなければいけませんが、それでも市販の薬で治る程度ならば薬を飲んで様子見という手段もありです。

そのため、自分が必要だと思う常備薬を持ち込んでおくことが大事です。

身体が丈夫な人であっても警察学校では集団生活のため風邪が流行しやすい面もあるので、風邪薬くらいは持っていった方がいいでしょう。

 

すべては自己責任となる

警察学校では体調を崩そうが、それによって訓練を離脱することになろうが、すべては自己責任。

そこで無理をするのか、休むのか、薬を飲んででも頑張るのかは自分の判断となる。

 

警察学校では「今から薬局で薬買ってきます」というのが簡単にはできませんので、あらかじめ自分で用意しておく必要があります。

私は頭痛持ちでさらに花粉症もあったため、頭痛薬と鼻炎の薬はしっかり持ち込みました。

また、女性であれば生理用の薬もあった方がいいと思います。

 

 

予備のメガネ

視力が悪くてメガネをしている方は、予備のメガネを持っていくことをおすすめします。

警察学校で激しい訓練をやっていると、いつメガネが壊れてもおかしくありません。

メガネが1本しかないという状態だと壊れたときにリカバリーが難しいので、予備でもう1本用意しておくべきです。

これも薬と同じで「ちょっとメガネ屋に行ってきます」ということが簡単にはできないので、予備のメガネを持っておけば安心できます。

また、警察学校ではよく走るので、ずれにくいスポーツタイプのメガネがあればベストです。

 

不測の事態を予測しておく

警察学校ではしばらく慣れない生活が続くため、自分の身になにが起きるかわからない。

壊れたり、なくしたら困るものは予備を用意しておくと安心できるし、不測の事態を予測しておくことも大事。

 

また、普段コンタクトレンズを使うという方もメガネを持っていく方が無難です。

警察学校では時間に追われることも多く、コンタクトレンズすら着用する時間がないときもあります。

そんなときでもメガネがあれば問題ないので、そもそも持ってないという方は1本作っておいた方がいいでしょう。

 

 

まとめ

今回は「あれば助かる警察学校での便利グッズ」について紹介しました。

今回紹介した中でも靴下は本当に消耗が早く、現場に出てからもよく買い足していました。

実際問題、靴下に穴が開いてもそのまま使えることは使えるのですが、誰かに見られたときに恥ずかしいですよね。

警察学校でこれをやってしまうと教官の雷が落ちますので、靴下は予備をしっかり用意しておきましょう。

また、インナーシャツについては本当に高機能なものをオススメします。

警察官は汗をかいてもすぐに着替えることができませんし、すぐにシャワーを浴びることもできませんので、大量の汗をかいても大丈夫なインナーシャツが便利です。

今回紹介した便利グッズは警察学校を卒業してからも使えるものばかりなので、是非参考にしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です