新着記事「警察官 大変だった仕事ベスト5」

元警察官が教える警察官に向いていない人の特徴5選

将来警察官になりたいのですが、警察官に向いていない人ってどんな人ですか?

適材適所、向き不向き…

私はこれまでの社会人経験(会社員+警察官)を通して、人には必ず向いている仕事向いていない仕事が存在すると考えています。

いくら頑張っても自分に向いていないor面白いと思えない仕事は存在しますし、逆に大変でも楽しいと思える仕事があるものです。

これは警察官という職業においてもまったく同じです。

むしろ警察官という特殊な仕事だからこそ、警察官に向いている人向いていない人ははっきり分かれます。

 

激務な警察官の仕事

警察官の仕事は不規則な勤務が続いたり、休日出勤があったりと激務な仕事である。やりがいを感じて仕事に取り組める人なら問題ないが、警察官は向いていない人にとっては本当に苦痛な仕事となる。

 

就職活動において、自分に完璧に合う仕事や職場を探すことは困難ですし、実際のところは就職して働いてみなければわからない場合も多いです。

このミスマッチを防ぐためには事前にどれだけ業界研究自己分析(仕事や職場にどんなことを求めるのか)をしっかりできるかにもかかっています。

そんな中、警察官という仕事は表向きに発信されている情報はあるものの、一般には知られていないことも多いため、深くまで業界研究をするのが難しい面もあります。

私自身も会社員から警察官に転職するときはうまく情報を収集することができず、警察学校についてすらよくわからないまま入校することになりました。

そして、実際に警察官をやってみてわかったことは「警察官は民間よりも向き不向きがはっきりする仕事」だということです。

そのため、これから警察官を目指す人が少しでも就職&転職ミスマッチを起こさないよう、この記事では元警察官の私が「警察官に向いていない人の特徴」について詳しく解説し、その特徴を5つ紹介します。

 

理不尽に耐えられない人

警察官に不向きな人 理不尽に耐えられない人

いきなり重たい話になってしまいますが、警察官の仕事は様々な場面で理不尽を感じる仕事です。

そもそも公務員は上司の指示に従わなければいけないという法律があるくらいですので、上司の指示は絶対であることが多いです。

これは逆に言うと

  • 自分の意見や考えを発信することができない
  • 考え方が違っても上司には従わなければいけない

という意味でもあります。

また、警察官は日々仕事をしている中で

「なんでこんなことやらなきゃいけない?」

「なんでそんな言い方されなきゃいけない?」

等と思うことが多々あり、理不尽を感じる場面は非常に多いのです。

残念なところは警察官は理不尽を感じたところでどうしようもなく、上司に逆らったり市民に怒りをぶつけたりすることはできません。

どれだけ疑問に思ってもどれだけ違和感を感じても言われたことは愚直にやらなければいけないのが警察官の仕事です。

 

なぜ理不尽を感じるのか
  • 厳しい上下関係

警察官の世界は厳格な階級社会となっており、上下関係がとても厳しい。一般的な民間企業とは比にならないくらいで、上司の指示には絶対に従わなければいけない。

よって、上司から理不尽な指示を受けても従うしかないのが現実。

  • 言いたいことを言ってくる市民

警察官は市民と接する機会が多いが、中には警察官を敵対視する市民も珍しくない。そんな市民が相手でも警察官として仕事をしなければいけないし、要望に応えなければいけないこともある。

理不尽を感じたからといって、簡単に拒否することができない。

  • 激務な仕事

警察署は24時間365日開いており、次から次へと通報が入る。そのため、休憩がまったくとれないこともあるが、通報が入る以上は休憩することもできない。

警察官は労働基準法等も適用を受けないため、理不尽を感じても働き続けなければならない。

 

理不尽を感じる仕事と言うともはや時代錯誤で古臭いと思われることでしょう。

「今の時代そんなのダメだ」と思う人はいるかもしれませんが、警察官ならば理不尽を受け入れていかなければいけないのです。

これはよほどのことがなければ今後も変わりませんし、改善されることもなかなかないでしょう。

ですので、仕事で理不尽を感じたくないという人にとっては絶対に合わない仕事です。

理不尽については警察学校で最初に徹底的に叩き込まれることですが、耐えられない人はここで警察官を退職していきます。

 

警察官はテレビ等で取り上げられる機会も多いので一見すると華やかな仕事に見えますし、子どもからも人気がある職業です。

しかし、華やかな仕事は本当にごくごく一部のことです。

昔から警察官に憧れを持っている人も多いでしょうが、まずはこういった現実があることをお伝えしたいです。

 

 

自分の意見や考えを発信したい人

警察官に不向きな人 意見を発信したい人

先ほども説明しましたが、警察官は地方公務員であり、地方公務員は地方公務員法という法律で色々と職務規定が定められています。

その法律の中の1つに「上司の命令には従わなければいけない」と明記されており、公務員は法律で絶対的な上下関係が規定されているのです。

よって、上司から指示されたことは愚直に守らなければいけませんし、指示に背くことは法律違反になります。

それは反対に「上司の指示に対して意見することが許されない」ということでもあります。

仕事をしていれば色々な意見やアイデアが思い浮かぶものですし、積極的に意見を交換したいと思うものですが、幹部でもない限り意見を発信する機会はありません。

 

出世しなければ発言権はない

警察官は階級社会となっているため、自分より上位階級の上司の命令には従わなければいけない。それに対して下位階級の者が意見をすることはできないし、そもそも発言権すらない。

自分が色々な意見やアイデアを発信したければ早く出世するしかない。(どれだけ優秀な人でも幹部になるには10年近くはかかる)

 

発言権すらないというと驚かれるかもしれませんが、下位階級の者が意見を発信する場すらないのが現実です。

私自身も警察官の仕事をしていて、「もっとこうすればいいんじゃないか」「こうすれば働きやすくなるんじゃないか」と思うことは多々ありました。

しかし、幹部でもなければそういった考えがあっても発言する場がありませんでしたし、上司に対して意見をしたことは記憶にありません。

なので、どんどん自分の考えを仕事に反映していきたいと考えている人は警察官に向いていません。

どちらかと言えば「上司から言われたことを淡々とこなしていく」というタイプの人が向いていると言えるでしょう。

もっと若手警察官でも議論をする場があれば風通しの良い職場になるのでしょうが、今後もこれは変わることがないと思います。

ただ、これは実際に警察官として働いていれば慣れることですし、気にしすぎる必要はありません。

「郷に入っては郷に従え」です。

 

 

仕事とプライベートを区別したい人

警察官に不向きな人 プライベートを充実させたい人

警察官の仕事は部署によっては休日出勤が当たり前の部署もあります。

一般的な会社であれば出勤日と休日がしっかり区別されていますが、警察官の仕事はそうはいきません。

特に忙しい警察署の場合、次から次へと事件が発生し、その度に捜査が必要になってくるため、休日だからといって休んでいられないことが当たり前です。

さらに長時間の残業もあるので、仕事終わりには中々予定が入れられないのも現実です。

よって、部署によっては仕事とプライベートをしっかり区別することが難しい場合があるので、警察官ならば受け入れなければいけません。

 

休日出勤がある部署
  • 刑事課

警察官の中で最も激務な部署。忙しい警察署の刑事課はまともに家に帰ることすらできないほどで、休日出勤も当たり前。刑事課はどれだけ仕事のためにプライベートを犠牲にできるかが重要になってくる。

  • 警備課

警備課の仕事は一般的にはあまり知られていないが、災害対策やデモ警備、雑踏警備などを担当している。

地震や台風があれば必ず出勤しなければいけないし、管内で大きなお祭りがある場合も同様。また、休日を使って訓練をすることもあるので、意外と休日出勤する機会がある。

  • 生活安全課

家庭内トラブルや少年事件は迅速な対応が求められるため、場合によっては休日出勤して対応することがある。特に少年事件は捜査中に被疑者の少年が成人になってしまうと大きな問題になるため、一気に捜査を進めなければいけないことがある。

 

警察官の多忙な仕事を最もイメージしやすいのは刑事課の仕事かもしれません。

警察24時などの密着番組で、内偵捜査張り込み捜査をする刑事を見たことがあると思いますが、ああいった捜査を休日を使って行うことも当たり前です。

なぜなら、刑事は犯人を追って捜査をするため、すべては犯人の行動次第になるからです。

刑事課は基本的に土日休みになりますが、犯人が土日を中心に行動をする者であれば、それに合わせて捜査をしなければいけません。

よって、刑事課は休日返上で働くことは珍しくありませんし、長時間の残業も当たり前の世界です。

それだけやりがいのある仕事であることは間違いありませんが、「仕事とプライベートを区別したい」と考える人が刑事課に入ると悲惨なことになってしまいます。

 

また、その他の地域課や交通課でも休日出勤はたまにありますので、警察官である以上は休日出勤を受け入れなければいけません。

さらに若手警察官であれば最初は独身寮に入らなければいけませんし、休日でもなにかと雑用に使われることがあるので、最初のうちは苦労することもあります。

もちろん、「休日出勤なんてしたくありません」というのは通用しませんので、プライベートを重視する人には向いていない仕事といえるでしょう。

 

 

体育会系のノリが嫌いな人

警察官に不向きな人 ノリが悪い人

何度も出ているキーワードですが、警察官の世界はとても上下関係が厳しい世界です。

それに加えて警察官は体育会系の職場ですので、上下関係が厳しいだけでなく、明るいノリが求められる職場でもあります。

そのため、新人警察官は先輩から「なにか面白いことやれ」と言われることも珍しくありません。

特に機動隊出身の先輩や上司がいる場合はとにかく面白いことや明るいノリを求めてきますので、新人警察官ならばなにか芸を持っておくと自分の身を助けることになります。

警察官はチームワークを大切にする職場なので、このようなノリに耐えられない人は絶対に向いていません。

 

ノリが悪いと好かれない

警察官はなにかと明るいノリが求められるため、そのノリに応えられないような暗い雰囲気の者は好かれない。さらに先輩から「面白いことをやれ」と言われたときに恥ずかしがったり、「できません」と言うと呆れられてしまうものである。

よって、明るいノリを求められたときは恥を捨て、思い切ったことをやる者が先輩や上司から好かれる。

 

若手警察官が職場で気に入られるためには「恥ずかしい気持ちを捨てること」が大事です。

先輩から「あの芸人のモノマネやって!」と急に無茶ぶりをされるときがあるので、若手警察官ならばしっかり応えなければいけません。

また、警察官は飲み会が好きな人が多いので、ことあるごとに飲み会が行われます。

飲み会において若手警察官は

  • お酒をたくさん飲まされる
  • ご飯をたくさん食べさせられる
  • 一発芸を求められる

ということが当たり前です。

私自身も一発芸をやるようなキャラではなかったので、とにかく飲み会が憂鬱でした。

ある意味、飲み会は若手警察官にとっての登竜門と言えるでしょう。

冗談のような話ですが、このような明るいノリに応えられる者が先輩や上司から好かれるので、仕事もしっかり教えてもらえるようになります。

ですので、先輩や上司からの無茶ぶりに応えられない人や明るいノリが苦手な人は警察官はあまり向いていないと思います。

逆に言えば、このような雰囲気が得意だという人は警察官の職場にすぐ馴染めます。

 

 

体調を崩しやすい人

警察官に不向きな人 体調を崩しやすい人

警察官の仕事は激務なので、当然ながら警察官はその激務に耐えられる体力が求められる職業です。

働く体力はもちろんですが、それと同時に少しのことでは体調を崩さない体力というのも非常に重要なものになります。

警察官の仕事は休憩したいときに休憩できるような仕事ではないですし、少し調子が悪い程度ではなかなか休むこともできません。

少しくらい体調が悪くても働き続ける体力が求められるので、激務に耐える体力がない人すぐに体調を崩す人は警察官に向いていないと言わざるを得ません。

警察官の仕事に適した体力は仕事をしていけば慣れていくものですし、慣れれば体も丈夫になってきます。

ただし、警察官はそれくらい身体を酷使する仕事であることは覚えておきましょう。

 

激務な警察官の仕事
  • 不眠不休で働く

どこの部署であっても休憩をとる時間がないほど忙しいときがある。さらにその後も仕事が続けば、休憩を取らずに長時間働き続けることもある。

  • 深夜の勤務

警察官は地域課なら3交代勤務で深夜にも当たり前のように働くし、刑事課などの部署でも定期的に当直勤務があるので深夜に働く機会がある。夜勤への耐性も重要。

  • 天候も関係なく働く

地域課や交通課などの部署であれば、真夏の炎天下だろうが真冬の大雪だろうが外に出て働くこととなる。特に真夏の炎天下で長時間立ちっぱなしになることもあるが、警察官が熱中症で倒れるわけにはいかない。

 

不眠不休で働き続けるというのは言葉にすると簡単ですが、実際にやってみると体にとてつもない負担がかかります。

実際に私もそのような状況ではパソコンを入力しながら意識が飛びそうになる少し座っているだけで寝落ちしてしまうといった経験をしたことがあります。

また、食事がとれない状況で長時間働くこともありますので、空腹にも耐えられる体力がないとやっていけません。

ですので、「働いた分はしっかり休憩もとりたい」「休憩時間は確実にとりたい」と考える人には絶対に向いていない仕事です。

警察官の仕事はどうしても過酷な状況になってしまうときがあるので、体力がない人には務まらない仕事ですし、それですぐに体調を崩す人も向いていません。

 

 

まとめ

今回は元警察官の私が経験者の視点で「警察官に向いていない人の特徴」について紹介しました。

警察官の仕事は過酷で特殊だからこそ向き不向きが明確ですし、それだけ警察官に向いていない人の特徴もはっきりしています。

実際に「警察官の仕事は自分に合わなかった」と言って職を去る後輩をたくさん見てきました。

これはある意味で仕方なく、警察官の仕事を事前に深く知ることはなかなか難しいですし、実際に経験してみないと大変さはわかりません。

ある程度のことを知っておけば自分に合うかどうかはイメージしやすいと思いますが、それでも事前情報と現実は違うものです。

警察官になってから「警察官ってこんな仕事だったのか…」というミスマッチが起きないよう、これから警察官を目指す方に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です