新着記事「警察官 大変だった仕事ベスト5」

新人警察官が入る独身寮ってどんなところ?規則、門限などについて解説

警察学校を卒業したら独身寮に入らなきゃいけないって聞いたけど…。独身寮ってどんなところなの?

まず最初に知ってもらいたいのは男性の独身警察官ならば警察学校卒業後は原則として独身寮に入るということです。

独身寮は全国どこの警察署にも完備されており、警察学校を卒業したと同時に独身寮に引っ越す形となります。

警察学校卒業後はアパートでも借りて好きなところで自由に生活したい…

誰もがそう思うものですが、残念ながら新人警察官はそうはいきません。

 

なぜ新人警察官は独身寮に入らなければいけないのでしょうか?

一番大きな理由としては新人警察官は待機要員であるという意味合いが強いです。

独身寮で生活をしていると、大きな事件が発生して人手が必要になったとき、夜中や休日でも警察署から呼び出しを受けることがあります。

これは呼び出し招集と呼ばれていますが、人手が必要になったときに一番に呼ばれるのは独身寮の寮生になります。

ですので、警察学校を卒業したからといって自由な生活ができるわけではなく、しばらくは我慢の生活が続きますし、なにかと仕事や雑用で使われることは覚悟しなければいけません。

私自身も警察学校を卒業してから2年間は独身寮で生活していました。

 

一般的にはあまり知られていない警察官の独身寮ですが、規則や門限はどうなっているのか?

独身寮はいつになったら出れるのか?

この記事では新人警察官が入る独身寮について紹介し、独身寮のメリット・デメリットや規則・門限などについて詳しく解説します。

 

独身寮とは?

新人警察官が入る独身寮とは?

新人警察官が入る独身寮は別名待機寮とも呼ばれています。

独身寮で生活する寮生は有事の際(大事件や人手が必要なとき)に呼び出しを受ける待機要員となっているのです。

警察学校を卒業後、それぞれ各警察署に配属されますが、それと同時に配属先の警察署の独身寮に入居することとなります。

これは警察の世界では当たり前のことで、独身の男性警察官ならほぼ100%寮に入らなければいけません。

警察学校卒業後は自由な生活ができるとイメージしている方もいるかもしれませんが、実はそうではないのです。

 

入寮が免除される場合
  • 既婚の新人警察官

既婚者はすでに家族と暮らしているところがあるため、当然ながら寮に入る必要はない。既婚者は自宅から通うこととなる。

  • 女性の新人警察官

女性警察官の寮が完備されている警察署はまだまだ少なく、女性警察官は必ずしも寮に入る必要はない。また、女性の寮は一般的なアパートとなっているので、待機要員でもなく呼び出しを受けることもほとんどない。

  • 特別な事情がある場合

親を介護しなければいけないなどの特別な事情がある場合は入寮を免除される。

 

上記に当てはまらない人は独身寮に入らなければいけません。

独身寮の寮生の一番の役割は仕事終わりでも休日でも関係なく”なにかあったときにすぐ出動すること”です。

大事件が頻繁に起きるわけではありませんが、それでも夜中や休日に呼び出しを受けることは決して珍しいことではありません。

私も新人警察官だったときは何度も夜中に呼び出しを受けたことがありますし、休日でも突然呼び出しがかかったことはありました。

ですので、基本的に寮生は勝手に外泊することはNGですし、門限が設定されている場合も多いです。

実家に帰ることは認められますが、しばらくは多くても週に1回程度しか帰れないと思っておいた方がいいでしょう。

これらは新人警察官の宿命でもありますので、どうしても受け入れなければならないことです。

 

 

独身寮に入るメリット

独身寮のメリット

独身寮に入るメリットについて解説します。

とても窮屈そうなイメージが強い独身寮ですが、メリットもいくつか存在します。

人によっては「独身寮は居心地がいい」と言ってなかなか退寮したがらない人もいますので、決して嫌なイメージばかりではないのです。

”住めば都”ということわざがあるように住んでいると意外と愛着が湧いてくるのも独身寮ならではです。

独身寮のメリットは次の通りです。

 

独身寮のメリット
  • 人間関係が構築しやすい

独身寮に入っているのは年齢や期生が近い先輩や後輩ばかり。必然的に寮生同士は仲良くなるし、食事や飲みに出かけることもよくある。

なにか困ったときにもすぐに先輩に相談できるので、人間関係を構築しやすい。

  • 安い家賃で住むことができる

独身寮は家賃が発生するが、普通のアパートに比べれば格安なことが多い。特に県外出身者にとっては安い家賃で住むことができるのはメリットと言える。

  • 通勤が楽

独身寮は警察署の近くに建てられていることが多く、徒歩や自転車で楽に通勤できる。警察署によっては同じ敷地内に建っていることもあるので、通勤時間0分も可能。

  • 幹部に顔を覚えてもらえる

独身寮では定期的に幹部との懇親会があり、寮生は幹部に顔と名前を覚えてもらえることが多い。

さらに幹部からはなにかと気にしてもらえることが多く、幹部と接する機会も多い。

 

独身寮は好き嫌いがはっきり分かれますが、中には上記のメリットも含めて「こんな居心地のいいところはない」と好んで長年独身寮に住む先輩もいました。

警察署の敷地内に独身寮があるところは通勤が本当に楽です。

朝はかなりゆっくりできますし、帰りも残業が長引いたとしてもすぐに部屋に帰れます。

私はどちらかと言えば独身寮は早く出たいと思っていた派ですが、通勤が楽なところだけは助かっていました。

ただし、中には警察署から結構距離があるところに建っている独身寮もありましたので、立地は警察署によって様々です。

また、寮によっては寮母さんが食事を作ってくれるところもあり、そういうところであれば食事の心配もいりません。

さらに寮生同士で遊びに行ったり、銭湯に行ったりすることもあるので、周りの先輩や後輩と仲良くなれるのは大きなメリットだと思います。

 

 

独身寮に入るデメリット

独身寮のデメリット

次に独身寮に入るデメリットについて解説します。

先ほども説明した通り、独身寮はメリットもあればデメリットもあるので、人によって好き嫌いがはっきり分かれます。

すべて含めて独身寮ですし、新人警察官は受け入れるしかありません。

個人的な話をすれば独身寮はデメリットの方が多かったので、「ここで長く生活したい」ということはまったく思いませんでした。

独身寮のデメリットは次の通りです。

 

独身寮のデメリット
  • 急な呼び出しがある

独身寮は待機寮とも呼ばれているくらいで、基本的に寮生=待機要員と考えられている。どこかに出かけている場合でも呼び出しに応じなければいけないことがある。

  • 門限がある

規則が厳しい独身寮であれば、門限が設定されているところもある。大体、午後10時~午後11時が門限となっているので、門限を守らないと先輩に怒られることもある。

  • 寮でも雑用をやらなければいけない

新人警察官は仕事中はもちろんのこと、寮に帰っても雑用が待っている。寮の掃除やゴミ出しは新人警察官の役目となる。

  • トイレ・風呂が共同

設備の古い独身寮だと、トイレ・風呂は共同となっている。当然ながら先輩が優先となるため、時間が被ってしまうと待たなければいけない。

 

やはり完全に自由な生活ができないところが最大のデメリットと言えます。

寮生は実家に泊まるという場合でも上司に届出を出さなければいけませんし、頻繁に外泊することはあまり良く思われません。

先ほども少し触れましたが、実家に泊まるということ自体は問題ないのですが、厳しい上司だと外泊の届出を出しても「待機寮の意味を考えろ」と却下されることがあります。

また、独身寮に住んでいると先輩から食事や飲みの誘いが頻繁にある場合があり、新人警察官だと断ることは難しいです。

このようにプライベートでも少し制限のある生活をしなければいけないのは新人警察官の使命です。

男性警察官ならばほとんどの人がこのような苦労を経験しているので、警察官ならではの伝統と言えるでしょう。

 

 

規則や門限は寮によって様々

 

 

独身寮の規則とは?

独身寮の雰囲気は警察署によって様々ですし、規則や門限についても一律に決まっているわけではありません。

正直言って、そのとき寮に厳しい先輩がいるかどうかで大きく変わってくることでもあります。

厳しい先輩がいる独身寮であれば、雑用はしっかりやらなければいけませんし、門限もしっかり守らなければいけません。

逆に規則にうるさくない先輩がいるところなら、多少門限を破ったところで何も言われません。

この辺はもはやとしか言いようがないので、その状況に従うようにしてください。

 

独身寮独自の規則
  • 電話当番

その日、何人の寮生が寮に残っているかを警察署に報告する電話番。当番制となっており、電話番になっている日は外出すらできない。

  • 休日の雑用

警察署の模様替えなどで大きな荷物を運ぶ場合、休日の寮生が使われることがある。それ以外にもなにかと寮生は休日でも雑用に使われる。

  • 先輩との飲み会

飲みに行くのが好きな先輩がいれば、必然的に後輩は連れ回されることとなる。もちろん、よほどのことがなければ断ることはできない。

  • 所在の明確化

外出するだけでも行き先、帰宅時間をメモに残していかなければいけない場合がある。細かい先輩がいればしっかりチェックされる。

 

私が警察学校を卒業して最初に配属された警察署の独身寮は厳しい先輩がたくさんいました。

なので雑用はしっかりやっていましたし、いい大人なのに門限(午後11時)も守っていました。

最初の1年くらいはなかなか実家に帰ることもできませんでしたので、楽しい生活ではなかったです。

さらに休日でも非常に窮屈な生活を強いられていたので、どちらかと言えば独身寮にはいい思い出がありません。

ただ先ほども説明した通り、規則は寮によって違いますし、雰囲気も全然違います。

独身寮を早く出たいと思う人もいれば、長いこと住みたいと思う人もおり、人によって考えることが異なるのも独身寮の特徴ですね。

 

 

独身寮はいつ退寮できる?

いつ独身寮を退寮できるのか?

新人警察官の入る独身寮について解説してきましたが、独身寮に入った場合、いつ退寮できるのでしょうか?

退寮のタイミングについても実は寮によってバラバラです。

後輩がたくさん入ってくる大きな警察署ならばすぐに退寮することになりますし、逆に後輩があまり入ってこない小さな警察署であればなかなか退寮できません。

また、退寮には上司の許可が必要なため、そのときの上司にも左右されます。(なかなか退寮を許可してくれない上司もいる)

一般的に退寮できるタイミングについて紹介します。

 

退寮のタイミング
  • 結婚するとき

結婚すれば相手と別のところで生活しなければいけないため、問答無用で退寮することができる。

  • 異動するとき

警察署を異動することになったときも当然ながら退寮となる。(異動先の独身寮に入ることもある)

  • 後輩が多くなってきたとき

独身寮の部屋数も限りがあるため、後輩が多くなってこれば必然的に退寮を求められる。

  • 上司から許可をもらったとき

独身寮に入って何年か経過し、上司から許可が出れば退寮することができる。

 

退寮のタイミングもその時々によって異なりますが、基本的には上記の場合に退寮することができます。

後輩が全然入ってこない警察署の場合はなかなか独身寮を出ることはできません。

なぜなら独身寮に住む警察官がいなくなると待機要員が0になるので、組織の運営上問題となるからです。

待機要員が0だと有事の際に人手が足りなくなってしまうため、独身寮には常に一定の人数が必要になります。

小さい警察署の場合は配属される新人警察官も少ないため、それだけ退寮するタイミングが少なくなってしまうのが現状です。

結婚や異動が重なった場合は極端に寮の人数が減ることはありますが、それでも独身寮には一定の人数が絶対に必要となります。

 

ちなみに私が退寮したのは結婚するタイミングのときでした。

私は早く独身寮を出たいと思っていたので、自然と早く結婚したいと思っていました。

結婚する場合は問答無用で退寮できるので、どうしても退寮したいなら結婚が手っ取り早いかもしれません(笑)

 

 

まとめ

今回は新人警察官が警察学校卒業後に生活する独身寮について解説しました。

独身寮については

  • 特別な事情がない限り、男性の独身警察官は入らなければいけない
  • 独身寮によって規則はバラバラであるため、一律に規則が決まっているわけではない
  • 独身寮はメリットもあればデメリットもあるため、感じ方は人それぞれ

ということになります。

独身寮は新人警察官の使命でもあり、多くの先輩警察官も通ってきた道です。

そのとき厳しい先輩がいるかどうかでかなり生活が変わってくるので、まさに入ってみないとわからないのが現実です。

 

独身寮にはメリットもデメリットもあるため、独身寮に対する考えは人によって大きく異なります。

同じ悩みや不安を抱える仲間と一緒に寮で過ごすことは人間関係を作りやすいですし、仲良くなる機会も多いです。

色々と窮屈な生活になることもありますが、それも含めての独身寮です。

新人警察官ならばすべて受け入れていかなければいけないので、警察官を目指すならそういった覚悟も必要になるでしょう。

これから警察官を目指す方は是非参考にしてください。

 

警察タイムズ公式Twitter

Twitterでは毎日、警察官や警察学校に関することをつぶやいています。ブログの更新情報もいち早くお届けしていますので、興味のある方は是非フォローしてください!

★警察タイムズのTwitterをチェックする

 

 

2 件のコメント

    • ご覧頂きありがとうございます。
      他にも警察官を目指している人向けの記事がたくさんありますので、是非ご覧ください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です