新着記事「警察学校でのリアルな失敗談4選」

警察学校の教官ってどんな存在?どれくらい厳しい?

警察学校の教官ってよく怒るんですよね?どれくらい怖いんですか…?

警察学校の教官…

警察官をやっている人なら誰もがゾッとするキーワードで、私もその言葉を聞くと未だに背筋が凍る感覚が残っています。

それだけ警察学校の教官は色々な思い出がありますし、強く記憶に残る存在でもあります。

警察学校を経験した警察官でも「教官は一生の恩人」という人もいれば、「もう教官には会いたくない」という人もおり、思うところは人それぞれです。

つまり警察学校の教官とは、良くも悪くも一生忘れられない存在であることに間違いありません。

 

警察学校の教官

警察学校の教官は普通の学校でいうところの担任の先生と同じ存在。警察学校でも必ず担任教官がおり、入校から卒業まで一緒に過ごす担任教官とはとても深い関係になる。

また担任教官の他にも授業や訓練を担当する教官がおり、警察学校では同期生だけでなく、数多くの教官とも苦楽をともにすることになる。

 

どうしても”怒る人&怖い人”というイメージが先行してしまいますが、実は怒るだけが教官の仕事ではありません。

ドラマ「教場」でも木村拓哉さん演じる警察学校教官・風間公親が話題になりましたが、実際のところ警察学校の教官とはどんな存在なのか?

また、どんな人が警察学校教官になるのか、普段はどんな仕事をしているのか?

そこで、この記事では警察学校の教官について特集し、誰もが恐れる教官についてわかりやすく解説していきます。

 

 

警察タイムズ公式twitter
警察タイムズ公式twitterでは警察官の仕事、警察学校、警察官の恋愛事情などの情報を毎日発信中!興味のある方は是非フォローしてください!

 

どんな人が警察学校の教官になる?

どんな人が警察学校の教官になる?

まず、警察学校の教官とはどのような人が務めているのでしょうか。

警察学校の教官ももちろんすべて警察官ですし、教官だって新人のときには同じ警察学校の門をくぐっている人たちです。

警察学校の教官になる警察官は、基本的に階級でいえば警部補の人たちです。

(ただし、その他にも巡査部長や警部の教官もいる)

警部補というのは警察官のスタートとなる巡査から見ると2つ上の階級になりますので、初任科生から見れば雲の上の存在となります。

警察官は階級が1つ違うだけで厳しい上下関係が成立する世界ですので、階級が2つ上ともなると初任科生が気軽に話しかけられる存在ではありません。

さらに警察学校の教官と初任科生の関係はこれ以上ない厳格な上下関係となっており、初任科生は教官の言うことに従うしかないのです。

 

教官=上司

警察学校の担任教官は担任でもあり、直属の上司でもある。警察官(公務員)は”上司の命令に従わなければいけない”という法律があるため、教官の言うことには必ず従わなければいけない。

教官に意見をするということはあり得ないし、そのような機会も一切ない。

 

そもそも警察学校の教官という仕事は警察学校に入校してくる初任科生を6か月もしくは10か月の期間で現場で通用する警察官に育てなければいけません。

それだけに教官を務めるならば知識と経験が豊富で、初任科生にわかりやすく教える能力が必要なので、当然ながら教官になる人たちは優秀な人が多いです。

警察学校の授業は科目別に分かれており、「地域」「交通」「生活安全」などそれぞれの科目に担当の教官がいます。

よって、警察学校の教官に選ばれる人はそれぞれの部門に長く携わっているエキスパートたちということになります。

例えば、地域担当の教官ならば地域課で長く経験を積んでいる人ですし、交通担当の教官ならば白バイ隊員を経験している人もいます。

その部門のエキスパートから学ぶことで、より実践に近い有意義な授業となるわけです。

 

警察学校の教官になるためには、まず警察学校での勤務を希望しなければいけません。

よほど優秀な人なら推薦のような形で教官になる人もいますが、基本的には自分から希望する必要があります。

ただし希望すれば必ず教官になれるわけではなく、希望者の中から面接などを経て選抜される形となっています。

もちろんそれなりの経験と実績を積んでいることが前提となるため、若手警察官が教官になることはなかなかありません。

警察官としてある程度の年数を積んでいる人が教官になることが多いです。

私のイメージでは、警察学校の教官はそこまで人気がある部署ではありませんでした。

元上司で「警察学校の教官になりたい」と言っている人はいましたが、そのほかではほとんど希望している人を聞いたことがなかったです。

警察学校での実体験を公開中!

 

 

警察学校の教官はどれくらい怖い?

警察学校の教官はどれくらい怖い?

みなさんの想像通りだと思いますが、警察学校の教官はとても怖いです。

先ほども書いた通り、まず気軽に話しかけられる存在ではなく、なにか話をするだけで非常に緊張する相手です。

警察学校の教官はことあるごとに初任科生を叱り、大声で怒鳴ることもあれば、パワハラに近い形で初任科生を追い込むこともあります。

私自身も担任教官には怒られた記憶ばかりですし、本当に怖かった思い出ばかりです。

もしもの話ですが、今担任教官と話をする機会があったとしても背筋がピンと伸びる自信があります。

それだけ警察学校の教官は絶対的な存在でしたし、自分にとって特別な人でした。

 

思い出の担任教官
  • 机やドアを蹴り飛ばす

怒鳴るのと同時に机やドアを蹴り飛ばし、怒るときの迫力が凄まじかった。

  • 書類を目の前で破り捨てる

提出書類を教官に提出したところ「なんだこれ、お前やる気あんのか?!作り直せ!」と目の前で書類を破り捨てられた。

  • ひたすら筋トレを課す

まったく関係のない場面でもいきなり筋トレを課し、さらには徹底的に走り込みも課せられた。アスファルトの上で腕立て伏せをしたことも。

 

特に警察学校に入校して最初の1か月は指導強化期間と呼ばれる期間なのですが、この期間はとにかく教官が初任科生を追い込みます。

この期間は警察学校を退職する人が続出する期間でもありますし、入校初日や入校2日で退職してしまう人もいるくらいです。

私の同期生でも入校初日に教官に怒鳴られたことをきっかけに退職した者がいました。

この指導強化期間が終われば多少優しくなる教官もいますが、卒業するまで一切手を抜かない教官もいます。

教官の性格も人それぞれですので、厳しい教官が多いですが、ごくまれに物静かであまり怒らない教官もいます。

逆に女性教官でもみんなから恐れられる鬼のように怖い教官はいました。

 

そして、警察学校教官の思い出といえば教官室です。

警察学校にはいわゆる職員室のような教官室というものがあり、教官に用件があれば教官室を訪問しますし、教官から呼び出しを受けたときも教官室へ行きます。

この教官室に行くというのがとにかく憂鬱になることで

  • なにを言われるのか
  • どんな用件で呼ばれたのか

という不安に怯えながらいつも行っていました。

教官室では色々な場所で教官が初任科生を叱っており、怒号が響くことも珍しくない場所でした。

教官室は警察学校のすべての教官が作業をするところになっており、ときには別の教官の後ろを通って用件のある教官のところまで行くときもあります。

このような場合は「後ろを失礼します」と頭を下げて一言伝えてからでないといけないルールもあり、これを怠ると「勝手に後ろを通るな!」と怒られるほどでした。

 

 

警察学校の教官はなぜ厳しい?

警察学校の教官はなぜ厳しい?
教官はどうしてそんなに厳しいんですか…?

確かに警察学校の教官が優しければ警察学校は楽ですね。

もし教官がまったく怒らない警察学校であれば教官に怯えながら過ごすことはなくなりますし、ノビノビと生活ができます。

そんな警察学校があったらいいなぁ…と誰もが思いがちですが、警察学校の教官はストレス発散のために初任科生に対して厳しくしているわけではありません。

また、なんの目的もなく怒っているわけではありませんし、警察学校の教官が厳しい理由は明確に存在するのです。

 

教官が厳しい理由
  • 上下関係の厳しさを教え込むため

一般的な会社とは違い、警察官はとても上下関係が厳しい世界。警察学校で上下関係の厳しさを学んでおかないと現場で通用しない。

  • 精神力や忍耐力を鍛えるため

警察官の仕事は激務であり、体力的にも精神的にも強くなければ務まらない。また、忍耐力も必要になるため、教官が優しければ弱い警察官が量産されてしまう。

  • 強い警察官を育成するため

警察官は一般市民から罵声を浴びせられることもあれば、凶悪な犯人と対峙することもある。教官はそういった場面でも毅然と対応できる強い警察官を育成しなければいけない。

 

はっきりと言って、警察学校の教官が厳しくなければ全国の警察官の質が下がることは間違いありません。

教官に厳しく育てられたからこそ、現場でも通用する警察官になれるのです。

まず上下関係の厳しさを知るというのはかなり大事なことで、警察学校を卒業して警察署に赴任すれば教官よりも厳しくて怖い先輩や上司がいることは覚えておかなければいけません。

現場では警察学校と同じくらい厳しい上下関係がありますし、教官より陰湿な上司もたくさんいます。

さらに市民の中には警察官に牙を向いてくる者もいますし、ときには凶悪な犯人と対峙する場面もあります。

そんなとき必要になるのが精神力や忍耐力ですので、警察学校ではそのような能力も養う必要があるのです。

なので、警察学校の教官は怖いですし、厳しくて当たり前の存在です。

警察学校で楽な生活をしてもなんの意味もありません。

後々のことを考えれば、警察学校では辛い思いをした方が自分にとって大きな財産となります。

 

警察学校の教官はどんな存在?

警察学校の教官はどんな存在?

警察学校では同期だけでなく、教官とも長い日々をともに過ごすこととなります。

教官というのはまさに学校の先生のような存在で、日々発生するクラスの問題に初任科生とともに取り組んでいきます。

それゆえに教官とも深い関係になっていきますし、教官自身も自分が受け持ったクラスの初任科生は特別な存在に感じています。

教官が気軽に話しかけられる存在でないことは確かですが、悩み事があれば真剣に相談に応じてくれる存在でもあります。

私の担任教官も「俺もお前らと同じ初任科生の時代があった。だからお前らが考えることも悩むこともわかる」と言っていました。

つまり、教官というのは警察学校において最も頼りになる存在であることは間違いありません。

人によって教官に対する思いは様々ですが、私は警察学校の担任教官は人生で一番の恩師であったと胸を張って言えます。

 

困りごとはなんでも報告する

担任教官は自分の上司となるので、困りごとがあれば相談するべき。話をすれば真剣に聞いてくれる。

また、なにかトラブル等が発生した場合も教官に迅速な報告が必要になる。上司への報告は基本中の基本。

 

警察学校の教官は「実は優しい人」が多く、教官という立場であることから無理をして怒っている人がほとんどです。

よく考えてみてください。

人を怒るというのは怒る側もとても嫌な気分になりますし、怒るだけで相当なストレスもかかります。

それでも教官が怒らないわけにはいかないので、仕事と割り切って演技をしてでも厳しくしなければいけないのです。

警察学校の教官というのはそれだけ重責ですし、気軽にできる仕事ではありません。

 

私にとって警察学校の教官は恩師のような存在でした。

私の担任教官は鬼のように厳しい人で、辛いこともたくさんありましたが、卒業してみれば教官の存在があったからこそ警察官として仕事を続けられましたし、辛いことがあっても乗り越えることができました。

当時は本当に担任教官の厳しさが嫌で仕方なかったですし、ときには憎いと思ったこともありますが、その厳しさを経験できたことは本当にいい経験になりました。

 

 

警察学校の教官も体力勝負

警察学校の教官も体力勝負

警察学校で苦楽をともにするのは同期だけではありません。

教官はただ怒鳴っているだけ…と思われがちですが、実は教官も体力勝負の仕事なのです。

それは警察学校教官の仕事というのは初任科生と同じリズムで仕事をすることになるからです。

初任科生は早朝のランニングから始まり、決められたカリキュラムをこなすため日々分刻みのスケジュールとなっていますので、教官もその忙しさについていかなければいけないのです。

また、教官が弱々しいところを初任科生に見せるわけにはいきませんし、風邪などを引いてすぐに体調を崩すようでもいけません。

さらに服装の乱れがあっては初任科生に示しがつきませんし、教官の一挙手一投足が初任科生に見られています。

 

教官は初任科生の模範

警察学校の教官は服装から身だしなみ、生活態度までが初任科生のお手本となる存在。少しでも乱れがあれば示しがつかないので、その辺りに気を遣うのも一苦労となる。

警察学校で生活をしていると模範にならなければいけない教官の大変さもよくわかる。

 

警察学校の1日は朝6時か6時半に始まることが多いので、教官はそれに合わせて出勤しなければいけません。

特に指導強化期間は初任科生がグラウンドに集まる頃には教官も臨戦態勢でなければいけないので、教官たちは朝5時頃に出勤していることになります。

また、教官が初任科生と一緒に早朝ランニングをする場面もあります。

そのため、初任科生と一緒のペースで走れるようにする必要がありますし、体力で負けないようにもしなければいけません。

教官が初任科生に遅れをとったり、ケガをしたりするようでは恥ずかしいので、教官も事前に体力作りをしなければいけないほどです。

とてもやる気のある教官だと柔道や剣道の訓練も初任科生に交じって参加する人がいます

初任科生と同じくらいの苦楽をともにするのも教官の仕事なのです。

 

 

教官との師弟関係は一生続く

警察学校教官との関係は一生続く

警察学校の教官という仕事は任期が3~4年程度となっています。

そのため、ずっと警察学校で勤務をするわけではありませんし、任期が終われば再び警察署や警察本部での勤務に戻ります。

つまり、警察学校の教官と同じ警察署で働くことになる機会もあるということです。

実際にこのようなケースは多々あり、担任教官だった人が上司になるということも普通にあり得ます。

教官も警察学校から離れれば普通の人であることが多く、警察学校にいる当時からは想像できないほど優しくなる教官もいます。

特に担任教官とは師弟関係がずっと続きますので、同じ職場で働くことになれば成長した姿を見せたいところですね。

 

教官=警察官

冒頭でも説明した通り、教官も一人の警察官であることに違いなく、教官の任期が終われば警察学校を離れる。そのため、元警察学校教官と同じ警察署で働くことは珍しくない。

また、教官を務める人は優秀な人が多いので、すぐに出世して自分の所属する警察署の幹部として再会することもあり得る。

 

教官も自分が育てた初任科生がどのように勤務しているのかは楽しみにしていますし、教官から見ても初任科生は特別な存在であることは変わりません。

さすがに元教官も警察学校を離れれば職場で怒鳴るなんてことはしませんが、どんなことがあっても自分の担任教官だった人に頭が上がらないのは事実です(笑)

私は担任教官と一緒に仕事をする機会はありませんでしたが、別の同期生は担任教官と同じ警察署の同じ部署で働いていました。

いい関係が続いていれば定期的に「クラス会」というのも開催され、担任教官が顔を出してくれることもあります。

 

このように警察学校の教官とは特別な関係がずっと続きます。

警察学校にいる間は教官と仲良くなることは中々ありませんが、警察学校を卒業した後は当時と違って距離が近くなります。

教官の存在というのはとても大きく、警察学校を卒業した後でも頼りになる存在であることは間違いありません。

 

 

まとめ

今回は警察学校の教官について詳しく解説しました。

警察学校の教官は優秀な人が多く、専門的な知識を持ったエキスパートたちです。

教官は厳しくて怖い存在ですが、それにはしっかりした理由があり、教官が厳しければ厳しいほど強い警察官になれます。

警察学校で楽をしても意味はありません。

現場で通用する警察官を育てるため、教官は無理をしてでも怒っていることが多数です。

また、教官とは警察官をやっている以上は一生続く関係ですし、警察学校を卒業すれば一緒に働く可能性もあります。

 

そんな警察学校の教官は、やはり特別な存在です。

なぜそんなに厳しいのか?なぜそこまで怒るのか?

警察学校を卒業したとき、その意味はきっとわかるはずです。

 

 

警察タイムズ公式twitter
警察タイムズ公式twitterでは警察官の仕事、警察学校、警察官の恋愛事情などの情報を毎日発信中!興味のある方は是非フォローしてください!

 

noteACT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です