新着記事「取調べでカツ丼は出てくる?」

【実録警察学校#3】遂に自分のクラスからも離脱者が出る

実録警察学校#3 クラスからも退職者が…

私の警察学校での実体験をもとにお送りする【実録警察学校】の第3話です。

第2話は下記のリンクからご覧ください。

【実録警察学校#2】食事が喉を通らないほどの緊張感が続き…

前回は様々な洗礼を浴びながらも昼食の時間までたどり着き、寮での荷物整理を送ったところまででした。

入校式で1名が退職するというまさかのスタートでしたが、まだまだ衝撃の展開は続きます。

警察学校の入校初日で戸惑う様子や必死に食らいついていく状況をお楽しみください。

荷物整理を終えて教場に戻るが…

警察学校 荷物整理を終え…

寮での荷物整理の時間が終わり、教場に戻るよう指示を受けた。

このような場合、たかが寮から教場に戻るだけでもクラスで揃って行動するということが多い。

だからこのときも寮で全員が揃ってから教場に向かうことになった。

しかし、こういうときに必ず全員が時間通りに揃うわけではない。

これが集団行動の難しいところである。

そして、このときは私と同部屋だった織田(仮名)が集合時間に遅れていた。

どうも織田はゆったりとした性格で、マイペースな人間らしい。

まだ初日だったので特に誰も違和感を感じなかったが、後々、織田はことあるごとに時間にルーズな人間だということがわかっていく。

とりあえずこの場は遅れながらもなんとか全員が揃い、教場に戻ることとなった。

教場に到着し、全員が着席した。

そしてドアマンが教場を出てドアの前に立ち、教官を待つ。

教官の足音が聞こえた。

ドアマンは元気よく声を出す。

なんとなくわかっていたが、またも聞こえてきたのは教官の怒声だった。

 「さっき言ったよなぁ!?やる気がないなら帰れよ!」

どうやらドアマンの声の小ささに納得できなかったらしい。

私は「こんなに怒られるならドアマンは絶対にやりたくないなぁ…」と完全に委縮した。

警察学校においては同期が怒られている場面を見ると、決して他人事とは思えない。

いつ自分が怒られるかわからないし、なにより”怒られたくない”という気持ちが先行して消極的になりがちだ。

ただ、これも警察学校教育の狙いであり、このような心理状況の中でいかに前に出れるかというのは警察官として大事な能力となる。

そうこうしているうちに斎藤教官が教場に入ってきた。

教場にいる全員が大きな声を揃えて出し、斎藤教官に挨拶をする。

しかし、これまた午前中の繰り返しであるが、挨拶をした全員の声が小さいということでまたも教官は激怒した。

教官に対して挨拶をする→怒られてやり直すということを繰り返し、ようやく挨拶を終えて全員が着席をした。

ここからは色々な手続きのために書類を書くとのことであった。

警察学校に入校すると公的なものから私的なものまで様々な手続きが必要になる。

住民票を警察学校の住所に移すこともそうだし、身分が公務員になることから保険や年金の手続きも行わなければいけない。

なので、警察学校に入校したら早い段階でこのような手続きを済ませていく。

教官から様々な書類の書き方について説明を受けた。

書類を書くことはなにも難しいことではないのだが、こういった緊張感のある場だとやはり書き方を間違えてしまう者がいる。

この状況を見た教官はまたも声を荒げる。

 「人の話も聞けないのに警察官できるの?お前向いてないよ?」

真剣な眼差しで怒る教官に対し、怒られた者はただ「すいませんでした」と言うしかない。

少しのミスでもあれば教官が怒鳴るので、相変わらず教場の中の雰囲気は緊張感で溢れている。

私は背筋をピンと伸ばしたまま座っており、まるで面接を受けているかのような姿勢でひたすら指示通りに手を動かした。

書類を書いたら全員分をまとめて教官に提出するという流れだったが、ここでも教官の雷が落ちる。

みんな緊張からか書類すらまともに集めることができず、書類の向きや順番がバラバラのまま提出してしまったのだ。

 「こんなこともできないの?大丈夫か?早めに自分から言え」

教官の言葉はなにかと厳しく鋭い。

普通の職場で考えればパワハラに当たるのだろうが、警察学校ではこれくらいが当たり前。

ようやく書類の作成も一通り終わり、時間にして午後3時過ぎだっただろうか。

ここからはもう一度寮に戻って荷物の整理をするよう指示を受けたので、全員揃って寮に戻ることとなった。

教官の目を離れて束の間の休息だったが…

警察学校 荷物整理の途中で…

警察学校には生活で必要になる衣類や生活用品などを事前に送っていたのだが、いかんせん量が多い。

先ほどの荷物整理の時間では最低限のものだけ整えており、部屋を整理整頓するにまでは至っていなかった。

ここでもまた先ほどと同じように教官は来ておらず、寮には自分たちだけしかいなかった。

本当に束の間の時間である。

まだ初日とはいえ、この時点でかなりの疲労がたまっていた。

体力的にも精神的にもだ。

どちらかといえば精神的な疲れの方が大きかっただろうか。

一瞬とはいえ教官の目から離れられるこの時間は幸福とも感じたくらいだ。

このあとの動きについては特に指示がなかった。

どんなことが待ち受けているのか不安もあったが、希望を含めて今日のところはもう終わりなんじゃないかと思ってしまった。

手際よく荷物を整理しながら、ゆっくりとした時間を過ごした。

しかし、そんな甘い考えは一瞬にして吹き飛ぶ。

校内放送が入った。

声の主は斎藤教官だった。

「5分以内に全員揃って教場に集合せよ」

完全な不意打ちであり、気を抜いていた全員が軽くパニック状態に陥った。

当然ながらまだ全ての荷物整理は終わっていない。

予定も聞いていなかったからしばらくは荷物整理の時間が続くものだと思っていた。

慌ててクラス員が寮の前に集合する。

そう、5分以内に来いと言われても全員揃って教場に行かなければいけない。

このような場合、基本的にはまず部屋ごとに集まって、クラスの集合場所に向かう。

人数の把握がしやすいからだ。

ところが、またも同部屋の織田が遅れをとった。

他の部屋からは続々とみんなが出ていくのだが、私たちの部屋では織田のせいですぐに出れなかった。

必然的に集合場所に遅れたのは私たちの部屋だった。

既に集合していたクラス員からは冷たい視線がそそがれていた。

冷たい視線の理由はわかっている。

寮から教場までは全力で走ったとしても2分はかかる。

つまり、校内放送が入ってから2分程度で集まらなければ5分以内に教場には着けない。

私たちが集合場所に着いた時点でもう3分ほどが経過していた。

全員がなんとなくわかっていたが、5分以内に教場には到着しない。

「また怒られるぞ…」

誰もがそう思った。

それでもクラス全員が揃った時点で遅れるのをわかっていながら素早く教場に向かうしかない。

予想はしていたが、教場に到着すると先に教官が待ち構えていた。

そしてこれまた予想通り、教官は怒った。

 「時間も守れないなんて信じられんな。全員腕立て伏せしろ!」

その場で全員が腕立て伏せを行った。

私たちはまだスーツを着ていたのだが、回数は50回くらいだっただろうか。

 「1、2、3…」

全員で大きな声を出しながら回数を数えていたが、声が小さかったらしい。

教官は再度怒る。

「声を出せ!!聞こえん!!」

こんな怒声を浴びせられながらなんとか50回の腕立て伏せをこなし、ようやく着席が許された。

みんな息があがり、大汗をかいている。

教官が色々な話を始めた。

正直、どんな話をしていたか覚えていない。

だが、急に教官が雷を落としたのは鮮明に覚えている。

 「てめぇどこ見てんだ?人の話も聞けないのか!!」

私は怒られている者の方をそっと見た。

案の定と言うべきか、怒られていたのは織田だった。

どうやら織田は教官が話をしているのにキョロキョロと視線を動かしていたらしい。

基本中の基本ではあるが、教官が話をするときは全員教官の目を見ていなければいけない。

やはり、こういった悪い意味で目立つ者はそれだけで教官のターゲットにされる。

そして、他の者はそれを見て委縮する。

警察学校ではこのような構図が続く。

悪い意味で目立ってはいけない。

不思議なものであるが、教官からターゲットにされる者はクラス員からも責められる場面が多い。

夕食・風呂も教官の監視が続く

警察学校 夕食・風呂も監視が続く

教官の話が終わったのは午後5時頃。

ここからは夕方の清掃の時間だった。

なんとなく1日が終わりそうな雰囲気だったが、まだまだこんなものではなかった。

清掃が終わり、次に夕食、その後に入浴の時間であると指示を受けた。

夕食は昼食と同じように、複数の教官が監視をする中での食事だった。

私は昼と同様にまったくお腹が空いておらず、無理矢理に流し込んだ。

このときも時間にすると5分あったかどうかの時間だった。

なんとか夕食を乗り越え、次は入浴の時間だった。

ここでも同じく、大浴場に向かうところから着替えるところまで教官が張り付いていた。

それでも風呂に入って少しは身体を休めよう…と思っていた矢先、またも教官の怒声が響いた。

 「チンタラしてる時間はねぇぞ!急げ!!」

風呂に浸かっている余裕なんてなく、シャワーで軽く頭と体を洗っただけで入浴の時間は終わってしまった。

もちろん頭を乾かしている時間なんてない。

もっとも、坊主に近い髪型なので乾かす必要はなかったが、そもそも男子浴場にはドライヤーが置いていなかった。

入浴の時間が終わり、間髪入れずに次の指示が出た。

次はジャージで体育館に集合ということだった。

「こんな時間にまだなにかあるのか…?」

先が見えない恐怖に誰もが怯えていた。

体育館で待ち受けていたのは…

警察学校 夜の体育館で待ち受けるのは

体育館に到着すると、中にはたくさんの教官が待ち受けていた。

またも異様な雰囲気だったが、その中で初任科生はクラスごとに整列するよう指示された。

指揮台に立ったある教官が「今から教練の練習を始める」と言った。

もちろんなんのことだかわからない。

しかし、話を聞いてみるに警察官の基本である敬礼の練習を行うという感じだった。

教練というものには様々な内容のものがある。

例えば、右向け右回れ右というのも教練の1つと言える。

誰もが小学生や中学生の頃に運動会の練習で経験していると思うが、警察では全員が息を合わせてピタリと揃って行わなければいけない。

警察学校ではこの辺の動きについて徹底的に鍛えられる。

特に入校当初は本当に徹底的だ。

その教練の中でも敬礼というのは警察官として基本中の基本であり、絶対に正確にできるようにならなければいけない。

敬礼は腕を曲げる角度や指の角度が明確に決まっている。

さらに制帽を被っているときと被っていないときではやり方が違う。

簡単そうに見える敬礼だが、物凄い時間をかけて練習をしていくのである。

そして、実際に敬礼の練習が始まった。

時間にして午後7時過ぎだったと思う。

一応敬礼のやり方の説明を受けたが、初見でいきなりできるわけがない。

しかも全員の動きが揃うなんていうのは不可能だ。

しかし、教官たちからすればここが狙い目なのである。

少しでも動きや角度が違えば、まるで”恨みでもあるんじゃないか”というくらいの勢いで怒鳴ってくる。

流れとしては号令を発する教官が「敬礼!」と言ったら全員で敬礼を行う。

みんな必死にやっているのだが、動きはバラバラである。

腕の角度だってうまくいかない。

そこに教官たちは「言われた通りやれ!違うだろ!」と容赦なく攻めてくる。

あくまで私たちは入校初日である。

うまくできるはずがない。

それでも容赦ない教官たちの攻撃が止むことはなかった。

本当に敬礼の練習だけで1時間半くらいの時間が過ぎた。

教官たちから罵声を浴びせられながらだ。

普通に考えれば異常なのだが、入校初日にしてもう感覚が麻痺している。

結局、合格点がもらえることはなかった。

今日の練習はこれで終わりとのことだった。

私は「ようやく1日が終わったか…。長かった」と勝手に1日を終わらせた。

私だけでなくみんながそう思ったはずだ。

しかし、斎藤教官から驚きの発言が飛び出す。

「全員でスクワットしろ」

もう精神的にはとっくに限界がきているし、体力的にも激しく消耗していた。

この状況でなぜスクワット…

だが、教官の言うことは絶対である。

整列していた私たちは素早く間隔を作り、全員でスクワットを行った。

予想がつくかもしれないが、次の指示は「全員で腕立て伏せしろ」だった。

先ほどシャワーを浴びたばかりなのにもう汗びっしょりである。

もうめちゃくちゃだ。

それでも大声を出しながら全員で頑張った。

この後、すぐに夜の点呼が行われた。

夜の点呼とは教官から明日の指示があったり、各クラス全員が揃っているかを確認する作業があったりする。

同じような点呼は朝にもあり、朝夕の点呼は警察学校で生活している初任科生がすべて集まる。

夜の点呼も動き方はすべて決まっており、入校初日の私たちは動き方がわからないため、この日は先輩たちの動きを見学するだけだった。

すべてが終了したのは午後10時頃。

消灯時間が午後11時なので、あと1時間で寝れるところまでようやくたどり着いた。

あとは寝るだけ…と思いきや、この日から実習日誌毎朝提出するよう指示を受けた。

実習日誌とはその日学んだこと、反省点などを書いて翌朝教官に提出するものだ。

この日は残り1時間で実習日誌を書き上げなければいけない状況だった。

そのため、寮に戻って寝る準備をしながら、急いで実習日誌を書き上げる予定だった。

しかし、寮に戻ってから衝撃の展開が待ち受けていた。

突然の退職

寮に戻ると、同じクラスの高橋(仮名)が深刻そうな顔をして廊下に立っていた。

何をやっているのかと思いきや、どうやら寮に戻ってくる間に斎藤教官に退職することを申し出たらしい。

入校式で退職した者に続き、初日ながら2人目の退職者である。

しかも高橋は同じクラスの者だった。

生憎だが、高橋は同じクラスとはいえ部屋も違うし、会話をする機会すらなかった。

どんな人物だったのかもまったくわからず、顔もハッキリとは覚えていない。

せっかく日中に荷物整理をしたばかりだったが、高橋はすぐに退寮することになったそうで、帰る支度をしていた。

しかし、残酷なことに彼の手伝いや見送る準備をしている時間は私たちにはなかった。

そう、消灯時間まで1時間を切っているし、実習日誌も書き上げなければいけない状況だからだ。

一般の感覚で言えば、高橋に対して私たちはあまりにも冷たい対応と思われるだろう。

荷物の片付けを手伝ったり、せめて見送りくらいするのが普通なのかもしれない。

だが、高橋はもう退職が決まった者である。

本音で言えばもう会うことすらない。

警察学校は集団生活についてこれない者は容赦なく切り捨てられる。

切り捨てられた者に温情をかけることもない。

温情をかけていれば自分の首を絞めるだけだ。

警察学校はこれくらい厳しい世界であることを知っておいて欲しい。

もちろん高橋の退職はクラスにとって衝撃だった。

まさか自分のクラスから1日で離脱者が出るとは誰もが思っていなかっただろう。

しかし、この時は私も精一杯だったため、自分のことに必死だった。

私が消灯時間までになんとか実習日誌を書き上げた頃、既に高橋は警察学校を後にしていた。

-続く-

【実録警察学校】第4話「なんとか初日を乗り越えたと思ったが…」

noteACT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です