新着記事「取調べでカツ丼は出てくる?」

【警察学校入校】外出制限が続く中、入校した恋人にはいつ会える?恋人に手紙を送るのはアリ…?

警察学校に入校した恋人といつ会える?

今年の4月に彼氏が警察学校に入校しました。コロナの影響で「いつ会えるかわからない」と言われましたが…実際どうなりそうですか?

4月に入り、Twitterではこのような質問を頂く機会が非常に多くなりました。

4月は警察学校入校の時期なので、ある程度このような質問が増えることは予想していましたが、現在は予想をはるかに超える数の質問を頂いている状況です。

なぜ多くの方が同じ質問をするかというと、その最大の理由は新型コロナの感染が再度拡大していることに影響していると思われます。

現在、東京や大阪では第4波と言われるほど新型コロナの感染が拡大しており、連日のように感染者数も増加している状況です。

一見するとこの話題は警察学校とはまったく関係ないように思えますが、実は新型コロナの感染が再拡大する中で警察学校も物凄く影響を受けているのが現実です。

新型コロナの第1波が起きた昨年から警察学校で最も影響を受けているものが

  • 入校している初任科生の外出&外泊について

です。

昨年から警察学校でも状況が一変し、入校している初任科生や初任補修科生は大きな制限を受けることになってしまいました。

今年もその状況は変わらず、外出や外泊について制限を受けているため、警察学校に入校した警察官の恋人を待っている人からしても辛い状況が続くことが予想されます。

そのため、この記事では制限が続く警察学校の今後の見通しや外出や外泊について個人的な見解を紹介していきます。

警察学校の状況は都道府県によって異なるため、あくまで個人的な見解になりますが、1つ参考として頂ければ幸いです。

警察タイムズ公式ツイッター

例年の警察学校は?

例年の警察学校は?

まずは新型コロナの影響を受ける前の警察学校について解説します。

警察学校に入校する時期は多くの警察学校で春と秋の年2回ですが、警察学校に入校して最初の1か月は指導強化期間と呼ばれています。

この指導強化期間は警察学校において最も大変な時期であり、それと同時に退職者も多くなる時期です。

指導強化期間が設定されている理由は

  • 最初に警察学校の厳しさを教え込むため
  • 警察官としてふさわしくない者を辞めさせるため
  • 警察の礼儀を叩き込むため

といったところが大きいです。

ですので、警察学校は最初の1か月が本当に大変であり、入校者にとっても辛い時期になります。

ただ逆に言えば、この指導強化期間を乗り越えれば警察学校の生活には慣れますし、退職者も少なくなるのは間違いありません。

警察学校を卒業する人と途中で辞める人の大きな違いはこの指導強化期間を耐えられるかどうかというところが大きいでしょう。

生活環境が一変

警察学校での生活はこれまで過ごしてきたものと大きく異なるため、突然生活環境が一変することへの負担が大きい。入校初日から1週間以内で退職者が続出する場合も珍しくないので、指導強化期間は1つの山場である。

さらに指導強化期間の大きな特徴として

  • 外出&外泊ができない
  • 携帯電話も触れない

ということがあります。

指導強化期間は警察学校に缶詰状態となりますので、外に出る機会はありませんし、外部と連絡をとることもできません。

このような生活を経験したことはほとんどいないと思います。

ですが、警察学校ではこれだけ大変な生活を約1か月続けなければいけないので、心が折れて退職に気持ちが傾いてしまうのも無理はありません。

私自身も指導強化期間が本当に大変だった記憶がありますし、生活環境が違いすぎてカルチャーショックを受けたくらいでした。

それでも指導強化期間が終われば週末は自宅に帰ることができますし、携帯も触れるようになるので、これだけがモチベーションになっていたと言っても過言ではありません。

そのため、同期と日々支え合い、指導強化期間を乗り越えて初めて迎えた外泊の瞬間は大きく感動したのを鮮明に覚えています。

例年の警察学校ならばこのように指導強化期間終了→その週末に初めて自宅に帰れるというのが決まった流れでした。

帰りを待っている恋人としても「1か月耐えれば会える」という目安があったため、なんとか我慢できたという人も多いかと思います。

ところが新型コロナの影響により、警察学校も例年通りの運用が難しくなってしまったのです。

外出&外泊の制限とは?

外出&外泊の制限とは?

これまでの警察学校では指導強化期間中だけは外出すらできませんでしたが、それ以降は週末に自宅に帰ることができていました。

平日は警察学校→週末は自宅ということで警察学校では大変な生活を送りながらも週末は自宅でゆっくり過ごすことができました。

しかし、この状況が昨年から大きく変わり、新型コロナの影響で指導強化期間が終わったのに自宅に帰ることができないという流れになってしまったのです。

最近では警察学校でもクラスターが発生することが珍しくなくなってしまったので、警察学校としても感染拡大の防止には頭を悩ませています。

ひとたび警察学校でクラスターが発生すれば授業や訓練を中止しなければならず、カリキュラムに大きな支障が出てしまうので、一人でも感染者を出さないようにすることが求められています。

そのため、感染拡大の防止策として外出&外泊の制限が設定され、指導強化期間が終了しても自宅に帰ることができなくなったのです。(都道府県によって違いはあります)

外出は短時間の買い物のみ
都道府県によって差はあるが、感染が拡大している地域の警察学校では外出のみ許可されるものの、それでも”短時間の買い物のみ”という条件が付けられている。そのため、せっかくの休日でも基本的には警察学校の寮で過ごすことになっている。(令和2年度)

感染が拡大している地域の警察学校では「指導強化期間が終われば自宅に帰れる」というモチベーションがなくなってしまったため、本当に辛い生活になっていることが予想されます。

休日でも警察学校にいなければいけないストレスは大きいですし、自由な時間を過ごすことができないストレスも大きいでしょう。

なにより恋人や家族がいる人にとっては会う時間すらとれないため、会えない不安を抱えることにもなります。

それと同時に待っている恋人も「いつ会えるんだろう…」と同じような不安を持つことになりますので、不安な気持ちも日に日に大きくなっていくことだと思います。

なぜこのような制限が設定されたかというと

  • 初任科生は社会人の意識がまだ低いため、外泊を認めれば人が集まる場所に行く恐れがある
  • 「自宅で過ごす」というルールを作っても全員が遵守することが期待できない
  • 警察学校で感染が拡大すれば卒業が遅れる可能性がある

といったことが考えられます。

あくまで個人的な見解になりますが、このように外出&外泊が制限されている警察学校では早くても5月以降にならないと外泊は許可されないと予想します。

なぜなら緊急事態宣言が再度発令される可能性もあり、そのような状況で外泊を許可するわけにはいかないからです。

よって、緊急事態宣言が発令された地域の警察学校においては最低でも発令が解除されるまでは外泊が難しいでしょう。

警察官の恋人にとってもまだまだ我慢が必要になります。

フォロワーさんからの情報提供

警察学校 情報提供

昨年警察学校に入校していたフォロワーさんから情報提供を頂きました。

新型コロナが流行して警察学校の状況が変わったのも昨年からですので、大変参考になる情報だと思います。

既にツイッターでは公開していましたが、有益な情報でしたのでブログでも共有させて頂きます。

すべての都道府県に当てはまるわけではありませんが、1つ参考としてください。

■フォロワーさんから頂いた昨年の警察学校についての情報

  1. 初めての外泊は5月下旬だった
  2. 携帯電話は指導強化期間後に使えたが、自由に使えるクラスとそうでないクラスがあった(教官によって違った)
  3. 同期間終了後に公衆電話の使用は認められた(列ができていた)
  4. GW中も土日以外は授業があり、GW分の連休は6月にもらえた

やはり外泊については簡単に認められず、例年に比べて1か月遅かったとのことで、今年も同様になることが予想されます。

また、携帯電話については土日なら自由に使わせてもらえると思っていましたが、教官によって対応が違っていたというのは驚きでした。

さらに追加の情報として

  1. 連休後に携帯の一斉検査があった
  2. 遊び回っていた人たちは謹慎処分を受けた
  3. LINEのトーク内容まで見られた(恋人とのやり取りも見られた)

とのことでした。

謹慎処分についてはひどい人だと卒業まで外泊禁止という処分を受けた人もいたそうで、外泊が許可されたとしても自粛しなければいけない様子が伺えます。

警察学校ではこのような携帯の検査があるのは珍しくないので、休日でも気を抜かずに過ごす必要があるでしょう。

昨年の警察学校がこのような状況だったので、今年もこの流れは変わらないと思います。

外泊が与えられたとしても不必要な外出は自粛するように求められるはずなので、解放感があるとはいえ派手に遊ぶことは禁物です。

この辺りは警察官の恋人も大いに理解しなければならず、無駄な処分を受けるのはもったいないので、もし会えたとしても大人しくしておく必要があるでしょう。

情報提供ありがとうございました!

特別な事情を理解する

警察官の特別な事情を理解する

ここまで新型コロナの影響を受ける警察学校について解説してきましたが、警察官と付き合っている恋人からは「警察学校ってそんなに厳しいの?!」と思われたかもしれません。

警察学校はとても特殊な場所で特殊な生活になりますので、警察学校についてはなかなか理解しがたいことがあるかもしれません。

実際、普通の人から見れば「そこまでやる必要があるの?」と思われる場合もあるでしょう。

しかし、良くも悪くもこれが警察官という仕事です。

警察官の恋人ならばここまで警察のことを理解しなければいけませんし、覚悟もしなければいけません。

もっと言えば、警察学校を卒業してからも色々と特別な事情と直面する機会があると思います。

警察官と付き合うということはそれだけ大変なことですし、恋人にも影響が出てくるものです。

それらすべてを含めて警察官ですので、長くお付き合いをしていくならば特別な事情もしっかり理解してあげましょう。

理解してくれる恋人の存在

警察学校の生活は自由がなく辛い生活になるので、待ってくれている恋人の存在は大きい。恋人に会うことを目標に頑張れるし、それだけでモチベーションになる。また、特別な事情を理解してくれる恋人は警察官にとっても嬉しい存在である。

恋人が警察学校に入校してしまったという方はきっと寂しい思いをしていることだと思います。

いつ会えるかわからないし、そもそも連絡すらとることができませんからね。

ですが、それは警察学校に入校している警察官も同じです。

昨年に続いて今年も外出や外泊が制限されているとはいえ、必ず会える日はやってきます。

寂しさが大きくなってしまうかもしれませんが、それだけ会えたときの嬉しさは倍増するはずです。

どうかこのような特別な事情を理解し、警察学校で頑張っている恋人を支えてあげてください。

警察学校Q&A

警察学校Q&A

最後にツイッターのDMや質問フォームでよく頂く警学校に関する質問について回答していきます。

(質問フォームでも随時質問を募集しているのでお気軽にどうぞ)

警察学校は警察官を目指す人にとっては当たり前の場所ですが、それ以外の方からするとよくわからない場所だと思います。

そのような背景もあって、警察官とお付き合いをされている方から警察学校に関する質問や相談を頂く機会が多いです。

質問や相談の内容は様々ですが、意外と同じような内容のものもあり、回答している私の立場からすると「みなさん同じような悩みを抱えているんだぁ」という印象です。

そのため、よく頂く質問を中心に警察学校と恋人に関するQ&Aを紹介していきます。

入校した彼氏から連絡がこない。いつくる?

今しばらく我慢をしましょう。警察学校は携帯も自由に使えません。

基本的に週末は携帯を使えるはずですが、クラスで不祥事や個人で問題を起こした場合はペナルティとして週末でも携帯を没収されることがあります。

警察学校ではすべてが連帯責任となりますので、その辺りも理解してあげてください。

警察学校入校中に結婚できる?

できなくはないですが、あまりオススメしません。

警察学校入校中は色々と忙しく、結婚を考える余裕がないというのが本当のところです。

警察学校を卒業して現場に出たら上司から追い込まれてすぐに辞めた…という実例もありますので、仕事に慣れてからの方が無難だと思います。

また、まだ半人前の警察官ですので、教官から許可が出るかどうかも微妙です。

警察官との結婚に関しては下記の記事で詳しく紹介しています。

警察官との結婚について|どこで出会う?身辺調査ってなに?経験談も交えて徹底解説

警察学校入校中の彼氏に手紙を出してもいい?

警察学校は職場ですので、手紙はあまりふさわしくないと思います。

警察学校入校中の人に対して手紙を出すことは禁止されていないと思いますが、それは家族から重要な連絡がある場合です。

あくまで警察学校は初任科生にとっての職場になりますので、そこに恋人から手紙を出すというのはあまりふさわしくないと思います。(手紙を出したとしても必ず教官が中身を確認します)

連絡をとりたい気持ちは大いに理解できますが、今しばらく我慢をしましょう。

警察学校に入校中の恋人をどう励ませばいい?

恋人から励まされればなんでも嬉しいです。素直な気持ちを伝えましょう。

警察学校の生活は常に同期と一緒に行動をするため、楽しさもあるのですが、一人になれない大変さもあります。

さらに正直に言えば警察は男社会ですので、男だらけの泥臭い雰囲気もあります…(笑)

そんな中で恋人から励ましの言葉をかけてもらったら元気100倍です。

次に会える日を楽しみにしていること次回のデートプラン、また自分の近況を伝えるのもいいでしょう。

警察学校に入校した恋人が精神的に追い込まれている…

最初は誰もがそんなものです。慣れていけば大丈夫だと思います。

警察学校を無事に卒業した私でも最初の1か月は結構大変でした。

嫌というほど怒られる上、集団行動の生活も大変だし、楽なことは1つもありませんでした。

それでも生活に慣れていけば楽しいことも見つかり、最後は卒業するのが惜しいくらいでした。

もし恋人が「どうしても無理」ということを言っているなら、その決断を尊重してあげるのもいいかと思います。

警察学校入校中に浮気されることはある?

可能性は0ではないと思います。

警察学校入校中は規律の厳しい生活を送らなければいけないため、休日は解放感から大きく羽を伸ばしたくなるものです。

新型コロナ感染拡大防止の関係で外泊が認められても自宅待機が指示されるものだと思いますが、それでも遊びに行ってしまうのが若手警察官です。

実際のところ給料がもらえてある程度余裕ができるので、夜遊びにはまる人は多かったですね。

まとめ

今回は新型コロナへの警戒が強化された警察学校の状況について解説しました。

警察学校に入校した恋人を待つ人は「いつ会えるのか?」「外出はいつできるようになるのか?」といった心配をしていることだと思います。

例年なら最初の1か月を乗り越えれば外泊の許可が出ていましたが、これは昨年から大きく状況が変わっています。

あくまで個人的な見解ですが、外出や外泊については昨年の状況をベースに考えると

  • 外泊は早くても5月以降
  • 緊急事態宣言が出る地域は宣言解除後になる可能性も
  • 外泊が許可されても自宅待機を指示される可能性が高い
  • 外出のみの場合は短時間の買い物のみ

といった感じになると予測します。

恋人に会えない不安や寂しさは大きいと思いますが、必ず会える日はやってきます。

今しばらく我慢し、このような特殊な世界で生活している恋人を是非支えてあげてください。

待ってくれている恋人がいるだけでモチベーションが全然違うものですよ。

noteACT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です